鍼治療は頭痛と相性抜群!もう頭痛薬で痛みを抑えるのはやめにしよう

頭痛
  • こめかみがズキズキ痛い!
  • 後頭部から頭全体が重い!
  • 頭痛のたびに薬に頼るのはやめたい!

このような悩みを抱えていませんか?

慢性的な頭痛は辛いですよね。

頭痛の原因の90%以上は、頭の中ではなく外にあります。

つまり、重たい頭を支えている首や肩の筋肉に原因があります。

鍼治療は、その筋肉の緊張を和らげ、頭痛を解消するために効果的な方法です。

この記事では、頭痛について、頭痛に対する鍼治療を解説しています。

是非、参考にしてみてください。

1.頭痛とは?

頭痛

頭痛とは、首~頭にかけての痛みです。

頭痛は、一般的な病気として広く使われる言葉ですが、頭痛の種類や症状の現れ方も様々で、命に関わる危険なものもあります。

この記事では、命に関わらない頭痛を解説しています。

2.頭痛の原因

デスクワーク

頭痛の原因NO.1は、「首・肩こり」です。

次いで、目の疲れや睡眠不足が挙げられます。

また、ストレスやホルモンバランスの乱れなども頭痛と深く関わっています。

頭痛の原因は、日頃の生活習慣と関連があるものばかりです。

2-1.パソコンやスマホ

パソコンやスマホをしているときは、モニターやキーボードに目線が頻繁に移ることで目が疲れます。

近い場所を見続けることで、さらに目が疲れ、それが頭痛として現れます。

また、長時間同じ姿勢をキープするため、首・肩こりを発症し、目の疲れと相まって、それを補うことで姿勢が悪くなります。

よって、頭痛、肩こり、眼精疲労が現れ、悪循環に陥ります。

2-2.自律神経の乱れやストレス

自律神経は、活動中や緊張時に働く交感神経とリラックス時に働く副交感神経があります。

心身の疲労やストレス、生活リズムが崩れると、この2つの神経のバランスも崩れてしまいます。

その結果、不眠、めまい、吐き気などの体調不良が現れますが、頭痛もその症状の一つです。

緊張や疲労が蓄積すると、筋肉がギュッと収縮して硬くなり、凝りが発生します。

自律神経が乱れている人に、頭痛や肩こり持ちが多いのはそのためです。

はっきりとした原因がわからない頭痛は、自律神経の乱れやストレスが大きく関わっています。

以下の項目に心当たりはありませんか?

  • 毎日パソコンをしている。
  • 首・肩こりを日々感じている。
  • 疲れがとれない。
  • ストレスを感じることが多い。
  • 冷え性である。
  • 長時間同じ姿勢でいることがほとんどである。
  • 母親も頭痛持ちである。

複数当てはまる場合は、普段の生活習慣を改める必要があります。

ずっと同じ姿勢を続けることは、頭痛や肩こりの原因になります。

3.頭痛の種類と特徴的な症状

頭痛の種類は、大きく2種類に分かれます。

  • 一次性頭痛…特にはっきりとした病気があるわけではないのに繰り返し起こる頭痛。
  • 二次性頭痛…病気が原因で起こる頭痛。

二次性頭痛は、脳腫瘍やくも膜下出血など命に関わる頭痛です。

アルコールによる二日酔いの頭痛も二次性頭痛に含まれます。

これまでに経験したことのないような強い頭痛が突然起きたり、手足の麻痺やしびれ、ケイレン、激しい嘔吐、高熱などを伴う頭痛は、至急脳神経外科へ行ってください。

頭痛の90%以上は、慢性的な一次性頭痛です。

3-1.緊張型頭痛

頭痛の中で、一番多いのが緊張型頭痛です。

長時間同じ姿勢を続けることによって、首や肩の筋肉が緊張します。

緊張した筋肉は血行が悪くなり、やがて凝りとなって頭痛が現れます。

緊張型頭痛の特徴

  • 首・肩こりを伴う。
  • パソコン作業など同じ姿勢で座っている人に起こりやすい。
  • 後頭部を中心に頭全体が締め付けられるような重い痛み。
  • めまいを伴うこともある。
  • 温めると楽になることが多い。

3-2.片頭痛

緊張型頭痛の次に多いのが片頭痛です。

はっきりとした原因はまだ解明されていませんが、血管が広がり炎症を起こすことが原因と考えられています。

また、2040代の女性に多いことから、ホルモンバランスの問題も関係していると言われています。

片頭痛の特徴

  • 片頭痛が起こる前に、視野の中にチカチカした光が見えることがある。(閃輝暗点)
  • ズキンズキンと脈打つような痛み。
  • 光や音に敏感になり、吐き気を伴うこともある。
  • 頭や体を動かすとガンガン頭に響いてさらにひどくなる。
  • 月に数回起きる。

3-3.群発頭痛

男性に多く、まれな頭痛です。

目の後ろを通っている内頚動脈の炎症が原因と考えられています。

群発頭痛の特徴

  • 目をえぐられるような激しい痛み。
  • 一度症状が現れると、1~2ヵ月毎日続く。
  • 一日に頭痛が現れる時間は1~2時間。

4.頭痛の一般的な治療

薬物治療がメインになります。

  • 炎症を抑える。
  • 痛みを抑える。
  • 筋肉の緊張を和らげる。

それぞれの症状に応じた薬の処方や注射をします。

慢性的な頭痛を抱えている方は、市販薬で痛みを抑えている方も多いと思います。

できるだけ薬は使いたくないという方のために、鍼治療があります。

頭痛の鍼治療について、以下に詳しく解説しています。

5.頭痛の鍼治療

鍼治療

鍼治療の中には、様々な治療方法があります。

頭痛と相性が良い鍼治療として、「トリガーポイント鍼療法」があります。

詳しくご紹介しますので、参考にしてみてください。

5-1.トリガーポイントとは?

トリガーポイントとは、「痛みの引き金になる点」という意味です。

銃の引き金を引くと弾が遠くに飛んでいくのと同じように、トリガーポイントが引き金になり遠くの場所に痛みを飛ばします。

その遠くの場所に感じる痛みを「関連痛」といいます。

5-2.トリガーポイントと関連痛

「頭痛の原因」がトリガーポイントであり、「症状」が関連痛です。

痛い場所と痛みの原因が一致しないということです。

症状と原因が一致しないことが筋肉の痛みの一番の特徴です。

頭痛は、痛みを感じている場所が関連痛であり、トリガーポイントは他の場所(首や肩)にあります。

5-3.頭痛のトリガーポイント

頭痛の原因となるトリガーポイントをご紹介します。

5-3-1.頭痛の原因!首のトリガーポイント

頭半棘筋トリガーポイント

(✖:トリガーポイント :関連痛)

✖がトリガーポイントで赤く記されているところが実際に痛みを感じている場所になります。

これは、頭半棘筋という首筋にある筋肉で後頭部にかけて付いています。

この筋肉にトリガーポイントができると、後頭部やこめかみに頭痛が現れます。

つまり、首こりによる頭痛です。

胸鎖乳突筋トリガーポイント

(✖:トリガーポイント :関連痛)

首の横にある胸鎖乳突筋のトリガーポイントです。

胸鎖乳突筋は、鎖骨から耳の後ろに付いていて、耳や目の症状に関係するトリガーポイントができやすい筋肉です。

頭痛の他、めまい、耳鳴り、耳の閉塞感などに関係します。

5-3-2.頭痛の原因!肩のトリガーポイント

僧帽筋トリガーポイント

(✖:トリガーポイント :関連痛)

肩こりで必ず治療ポイントとなる僧帽筋トリガーポイントです。

首筋、側頭部、顎にも痛みが現れます。

5-3-3.頭痛の原因!顎のトリガーポイント

外側翼突筋トリガーポイント

(✖:トリガーポイント 赤:関連痛)

首や肩以外のトリガーポイントが原因となる頭痛もあります。

それが顎にできるトリガーポイントです。

顎関節症や噛みしめにより頭痛が現れることがあります。

5-3-4.頭痛の原因!側頭部のトリガーポイント

temporalis muscle

(✖:トリガーポイント :関連痛)

側頭部の頭痛は、首や肩に原因がある場合と側頭部自体に原因がある場合もあります。

長年頭痛を患っている方は、この側頭筋にもトリガーポイントができます。

5-4.頭痛のトリガーポイントをエコーで確認

近年の研究により、トリガーポイントは、筋膜、腱や靭帯など軟部組織にできることが解明されました。

頭痛の場合は、首や肩の筋膜にトリガーポイントができます。

僧帽筋エコー

横に伸びる白い線が筋膜です。

その筋膜を全体的に見て、より白く濃く写る部分は、筋膜の癒着が起こっていることを意味します。

頭痛の原因となるトリガーポイントは、首や肩の筋膜の癒着が原因です。

頭痛を和らげようとマッサージでいくら筋肉をほぐしてもすぐ元に戻ってしまうのは、筋膜に問題があるためです。

筋肉にアプローチするよりも筋膜にアプローチした方が頭痛や凝りがとれやすいです。

5-5.筋膜とは?

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことで、筋肉の中まで入り込んでいます。

筋膜はボディスーツのように全身に張りめぐらされていて、「第二の骨格」ともいわれる重要なものです。

筋膜は、外からの力を抵抗なく受け止めて形を変えることができます。

例えば、イスに座ったときのお尻の変形や猫背状態、肥満となり脂肪が増えたときなど、その体の状態に合わせて形を変えることができる立派な膜です。

また、強く引っ張られたときには、その力に耐えることもできます。

それは、筋膜がコラーゲンとエラスチンでできていて、弾力性に富んでいるからです。

コラーゲンとエラスチンがお互いに協力して、体の緊張をコントロールしているということです。

5-6.なぜトリガーポイント(筋膜の癒着)ができる?

悪い姿勢や繰り返し動作を長く続けると、体の一部分に負担がかかり、筋膜が自由に伸び縮みできなくなってしまいます。

自分の皮膚を手で摘まむと、しわができると思います。

このしわの状態が、よじれてしまった筋膜にも起こります。

これを筋膜の癒着といいます。(健康体でも筋膜の癒着はあります。)

筋膜の癒着状態が続くと、包まれている筋肉の動きも悪くなり、凝りや痛み、しびれが現れます。

トリガーポイントができあがった状態です。                      

長時間同じ姿勢➡筋膜の癒着(トリガーポイント形成)➡筋肉が硬くなる➡痛みや凝りが出現

頭痛は、長時間同じ姿勢で座っていることが多い人に起こりやすいため、筋膜の癒着が間違いなくあります。

トリガーポイントを鍼で刺激することで、筋膜の癒着が少しずつ取れていき、筋肉の柔軟性が良くなって、頭痛や凝りが解消します。

6.鍼治療とは?

鍼治療

鍼治療というと、痛い、怖いイメージを持つ人がとても多いです。

鍼治療は、まだまだ一般的ではないため、鍼に対する期待や不安、誤解も多いです。

鍼治療に興味があっても、なかなか重い腰が上がらないという方に、まず鍼治療とはどのようなものなのかを解説していきます。

6-1.鍼は痛くない?

鍼治療は、この「針」という漢字を使っていません。

「針」は注射や裁縫の針であり、「鍼」は注射より細く繊細なものです。

鍼

針の中が空洞になっているのが注射針です。

鍼と注射針を比べると、これだけ太さに違いがありますので、注射のような痛みはありません。

鍼

イメージとしては、髪の毛と同じくらいの太さと思ってください。

鍼

鍼治療は直接体に刺入していくのではなく、鍼管という筒状の中に鍼を入れて打ちます。

この鍼管を使うことにより、刺すときの痛みを最小限に抑えることができ、痛みを感じることなく体に鍼を打っていくことができます。

鍼

注射針は曲がることはありませんが、鍼はとても繊細で曲がります。

曲がると、折れるのでは?と怖いイメージがあると思いますが、折れません。

実は鍼治療において、曲がることがとても大事なのです。

曲がることで、組織を極力傷つけずに鍼を刺入することが可能になります。

血管などの硬い組織は、鍼が曲がることで血管を避けてくれます。

鍼治療は、筋肉など細かい組織を刺激することに長けているのです。

6-2.鍼治療は感染しない?

使い捨ての鍼を使用し、一度使った鍼は廃棄処分です。

同じ鍼を再度使うことはありませんので、血液感染することはありません。

6-3.鍼治療の副作用は?

鍼治療は、副作用の少ない治療法として有名ですが、副作用がゼロというわけではありません。

体質や症状の強さによっては、副作用が現れることがあります。

6-3-1.体のだるさ

鍼治療は、体の組織を傷つけ、その部分を治そうとする自然治癒力を引き出しますので、鍼をした部分は、微小な組織損傷と炎症が起こります。

そのため、体がだるくなることがあります。

また、体の緊張が取れ、リラックスする副交感神経の活動が活発になるので、体がドーンと重だるく眠くなることもあります。

これは、鍼による体の変化がしっかり出ていて、良い反応なのですが、鍼治療の刺激が強過ぎるとかえって体がしんどくなります。

6-3-2.痛みの場所が変わる

違う場所が痛くなった、痛みの場所が増えて悪化したなど、相談を受けることがあります。

痛みのある場所は、1ヵ所だけとは限りません。

長年の症状は、複数悪いポイントが存在します。

治療により、一番痛い場所が良くなると、次は2番目、3番目と痛みの場所がコロコロ変わることがあります。

それは、少しずつ治っている証拠であり、決して悪化しているわけではありません。

6-3-3.内出血する

鍼が血管に当たると、内出血することがあります。

時間が経つと打撲をした後のように青紫色になります。

出血しても特に問題はありません。

どんな治療法にも必ず副作用があります。

鍼が怖い、神経質などの方には、世界で一番細い鍼を使って最小限の刺激で施術していますので、副作用が出ることはほとんどありません。

6-4.鍼治療にはどんな効果がある?

鍼治療の効果メカニズム

6-4-1.血流の改善により筋肉が柔らかくなる

血行が悪い部分は、筋肉が硬くなり、凝りできます。

そこに鍼を打つと、血液の流れが正常に戻り、筋肉が柔らかくなることで、症状が改善していきます。

6-4-2.脳内で痛みを抑える物質が出て、痛みが和らぐ

鍼治療がなぜ効くのか、科学的な根拠として、脳内でモルヒネに似た物質が放出されることがわかっています。

モルヒネとは、人類最大の痛みを抑える物質です。

鍼治療を受けると、何か爽快感がする、リラックスして眠くなるといった声をよくいただきます。

それは、モルヒネ様物質が出ているからです。

6-4-3.自律神経のバランスを調整する

自律神経は、交感神経と副交感神経にわかれ、互いにバランスをとりながら働いています。

体に不調がある人は、交感神経の活動が活発で副交感神経の活動が弱まっている状態です。

鍼治療は、交感神経の無駄な緊張を抑え、副交感神経の活動を活発にする働きがあります。

病院では、原因のわからない症状にも対応できるのは、人間そのものの内面から変えていくことが可能だからです。

7.頭痛で鍼治療を受けた方の感想

7-1.首こり、頭痛、吐き気 49歳女性

患者感想

鍼治療には通った事もありましたが、トリガー鍼は初めてでした。

慢性的で治療に行っても持続せず、忙しくて少し放置すると頭痛や吐き気がして、寝つきも悪くなっていました。とりあえず、自分に合うかどうかも分からないし3回だけでも通ってみようと思ったのが7月でした。

最初は、週に一度のペース、すぐ楽になったかと言うと正直実感はしませんでした。

2回目3回目と回数を重ねていくうちに首が楽なんじゃない?と思うようになり、徐々に2週間に一度のペースへと変更していきました。

もちろん、全く肩こりや首の痛みがなくなったわけではないです。

でも治療中今まで鍼治療では感じる事がなかった圧迫されたような重さを実感し効いていると思うのです。

出来るものなら首の痛み、肩こりとはさようならしたいのですが、自分の姿勢の悪さやムチウチもしているので、苦痛にならずうまくコントロールしていけるように先生と相談しながらこれからもお世話になろうと思っています。

先生とのカープ談義も楽しいです。

7-2.肩こり、首こり、片頭痛 48歳女性

患者感想

若い頃より、肩こり、首こり、偏頭痛に悩んでいました。

普段は症状が出ると近所の鍼灸医院で治療していましたが、もっと強めの鍼治療がしたく、「筋膜リリース」でHP検索をして、こちらにたどりつきました。

トリガーポイントへの鍼は「ずん」という感覚が痛いですが、「効いている」感がとてもします。

7-3.肩こり、頭痛、めまい 28歳女性

患者感想

ひどい肩こりや、首のいたみに悩まされていました。

鍼はズーンと効いている感じがしました。

以前、別のところで鍼をした時とは違う感覚でした!!

めまいがひどかったのですが、すごく良くなりました。

肩の筋肉がやわらかくなった気がします。

頭痛も少なくなりました。

8.まとめ

いかがでしたか?

  • 頭痛は鍼治療で解消する。
  • 鍼治療の中でもトリガーポイント鍼療法が効果が高い。
  • 肩と首の筋膜を治療することが頭痛解消への近道。

薬に頼るのではなく、頭痛の緩和に鍼治療を試してみてください。

あなたの体の不調を解決します!

ひとりで悩んでいませんか?

・この痛みと一生付き合っていかないといけないのか

・この辛さを誰にもわかってもらえない

・治療してもらっているが良くならない

なかいし鍼灸院では、あなたの身体の状態をカウンセリング、動作分析、超音波エコー観察など詳細な検査を行った上で、専門性の高い筋膜・トリガーポイント鍼治療を提供しています。

10年先も20年先も元気に過ごせるように、あなたと一緒に症状改善に取り組む鍼灸院です。