首が回らない原因は?後頭部、首筋、肩甲骨、背中の痛みについて

首こり

首が回らない。

首筋から肩甲骨にかけて痛い。

痛みの原因は何?

このような悩みを抱えていませんか?

首が痛くて思うように動かせないと憂鬱になりますよね。

朝起きてから首が回らない場合は、寝違えの可能性が高いですし、徐々に首の動きが悪くなった場合は、日々の疲労の蓄積から首筋の筋肉が硬くなっている可能性が考えられます。

この記事では、首が痛くて回らない原因と後頭部、首筋、肩甲骨、背中の痛みについて解説しています。

是非、参考にしてみてください。

1.首の動きをチェックしてみよう

首は、大まかに前後左右に動かすことができます。

また、後ろに振り向くような動きも日常的に使いますので、まずは下記の6方向の動きをチェックしてみてください。

その中で、動かしにくい方向を確認してみましょう。

1-1.首を前に倒す

首ストレッチ

1.上体をまっすぐにして立ちます。

首ストレッチ

2.首を前に倒し、10秒伸ばします。

首ストレッチ

3.さらに首を前に倒し、10秒伸ばします。

首を前に倒すとき、背中をまっすぐにして猫背にならないように注意。

伸びにくい筋肉を確認する。

60度傾けられるのが正常範囲。

1-2.首を後ろに倒す

首ストレッチ

1.上体をまっすぐにして立ちます。

首ストレッチ

2.首を後ろに倒し、10秒伸ばします。

首ストレッチ

3.さらに首を後ろに倒し、10秒伸ばします。

首を後ろに倒すとき、背中を曲げずにまっすぐに保つ。

ひっかかりを感じる筋肉を確認する。

50度傾けられるのが正常範囲。

1-3.首を横に倒す

首ストレッチ

首を右に倒す場合は、後ろで左手を持って固定します。

首ストレッチ

1.上体をまっすぐにして立ちます。

首ストレッチ

2.首を右に倒し、10秒伸ばします。

首ストレッチ

3.さらに首を右に倒し、10秒伸ばします。

4.反対側も同じように行います。

肩が傾いてしまわないように、首だけ横に倒す。

伸びにくい筋肉を確認する。

左右での違いを確認する。

1-4.首を横に回す

首ストレッチ

1.上体をまっすぐにして立ちます。

首ストレッチ

2.首を右に回し、10秒伸ばします。

首ストレッチ

3.さらに首を右に回し、10秒伸ばします。

4.反対側も同じように行います。

両肩が動かないように首だけ横に回す。

ひっかかりや伸びにくい筋肉を確認する。

左右での違いを確認する。

60度回せるのが正常範囲。

6方向の可動域をチェック

上記の6方向の可動域をチェックしてみてください。

鏡の前で行うと客観的にわかりやすい。

引っかかり感や伸びにくさを感じる部分は、痛みの原因になっていると想定できる。

伸びを感じる程度でゆっくり伸ばすこと。

2.痛む場所は後頭部、首筋、肩甲骨、背中、肩などさまざま

首の痛み

首が回らないとき首が悪いと思いがちですが、背中に痛みが現れたり広範囲に痛みが出ているケースも多々あります。

その理由について解説していきます。

2-1.首は細かな筋肉が重なり合っている

肩甲挙筋

首の筋肉は、他の筋肉に比べて、細かな筋肉が互いに重なり合っていて、前後左右自由に動かせるようになっています。

そのため、一つひとつの筋肉の力が弱いのです。

ましてや、一日中重たい頭を支えるために、ずっと働き続けています。

日々の疲労が蓄積する理由がわかります。

首の筋肉は、疲労しやすく、またその疲労を解消しにくいといった側面があるため、ちょっとしたことでも痛みが発生するのです。

2-2.首の筋肉は背中まで続いている

頚板状筋

このように首の筋肉は、首だけにあるのではなく、背中の奥深くの方まで続いているのがわかると思います。

首を傷めても背中の方まで痛みを感じるのは、そのためです。

背中が痛くても、それは首の筋肉に痛みの原因が存在するからなのです。

2-3.首の筋肉にできるトリガーポイントがあちこちに痛みをとばす

トリガーポイントという言葉を聞いたことがありますか?

トリガーポイントとは、「痛みの引き金になる点」という意味です。

銃の引き金を引くと弾が遠くに飛んでいくのと同じように、トリガーポイントが引き金になり遠くの場所に痛みを飛ばします。

僧帽筋トリガーポイント

この図は、僧帽筋のトリガーポイントがどこに痛みを出すか表したものです。

✖がトリガーポイントで、で記されているところが痛みを感じている場所になります。

このように、後頭部の付け根や肩、背中、肩甲骨内側に痛みを出しているのがわかります。

トリガーポイントは、普段の生活の中で一番負担がかかっている筋肉にできます。

負担がかかり続けると、痛みとして現れます。

3.首が回らない原因は?

首が回らない原因は、2つあります。

痛みでこれ以上回らないケース筋肉が硬くなってこれ以上伸びないケースです。

何ヵ月も首が回らない場合は、どちらも考えられます。

寝違えたり、首を捻ったり、いつ痛くなったかはっきりわかる場合は、前者です。

日々の積み重ねで痛みが少しずつ悪化して、回らなくなった場合は、後者です。

どちらもトリガーポイントが存在しますが、前者の方が比較的早く痛みも治まり、首も回るようになります。

後者は、筋肉が硬く凝り固まってしまって伸びにくい状態になっています。

そのような場合は、積極的にストレッチをして、伸ばしていかなければ、首の可動範囲が狭いままです。

下記にストレッチをご紹介していますので、実践してみてください。

4.首を回す簡単なストレッチ

簡単なストレッチをいくつかご紹介します。

注意点として、                                                                              

  1. 無理に伸ばさない。
  2. 筋肉が伸びているなと感じる程度に留めること。
  3. 鋭い痛みを感じるときは中止する。

この3点を守ってください。

4-1.首を前に倒すストレッチ

僧帽筋ストレッチ

1.椅子に座って背筋を伸ばし、両手を頭の後ろで組みます。

僧帽筋ストレッチ

2.両手で頭を押して首を前に倒し、首の後ろを20秒伸ばします。

僧帽筋ストレッチ

このように猫背にならないように注意。

3セット行う。

少し伸びている感覚で留めること。

4-2.首を横に回すストレッチ

筋膜リリース

1.左手で右手を持ち固定します。

筋膜リリース

2.首を左に回し左前に倒して、右首から肩ラインを20秒伸ばします。

3.反対側も同じように伸ばします。

3セット行う。

少し伸びている感覚で留めること。

4-3.首を横に倒すストレッチ

僧帽筋ストレッチ

1.右手で左側頭部を押して、左首から肩のラインを20秒伸ばします。

僧帽筋ストレッチ

2.反対側も同じように伸ばします。

3セット行う。

少し伸びている感覚で留めること。

4-4.肩甲骨内側を伸ばすストレッチ

菱形筋ストレッチ

1.左手で壁をつかみ、背中は丸くしておきます。

菱形筋ストレッチ

2.左の肩甲骨を外に開くイメージで、ゆっくり上体を前にくっつけていき、20秒伸ばします。

3.反対側も同じように伸ばします。

3セット行う。 

背中を丸めることで、筋肉が伸びやすくなる。

肩甲骨の内側に伸びる感覚があればOK

5.まとめ

いかがでしたか?

首が回らない原因は、首の筋肉に問題があることが理解できたと思います。

また、首を傷めても、背中など広い範囲に痛みが及ぶ場合は、トリガーポイントが原因です。

自分でストレッチをしたり、日頃から姿勢に気をつけるなどの対策が必要です。

それでも改善しない場合は、トリガーポイントの専門家にご相談ください。

あなたの首こりを解決します!

ひとりで悩んでいませんか?

・この痛みと一生付き合っていかないといけないのか

・この辛さを誰にもわかってもらえない

・治療してもらっているが良くならない

なかいし鍼灸院では、あなたの身体の状態をカウンセリング、動作分析、超音波エコー観察など詳細な検査を行った上で、専門性の高い筋膜・トリガーポイント鍼治療を提供しています。

10年先も20年先も元気に過ごせるように、あなたと一緒に症状改善に取り組む鍼灸院です。