頭がぼーっとして集中できないのは自律神経の乱れ?

頭がぼーっとして集中できないのはなぜ?

それは、自律神経機能の乱れが原因かもしれません。

頭がぼーっとする以外に、他に気になる症状はありませんか?

吐き気、頭痛、めまい、耳詰まり、食欲不振、不眠、疲れがとれない、ストレス、全身がだるく力が入らない、首がよく凝る…

自律神経が乱れると、全身の症状に発展してしまいますので、早めの対処が必要です。

この記事では、自律神経の乱れの原因とケア方法を解説しています。

是非、参考にしてみてください。

1.自律神経失調症とは?

自律神経失調症

交感神経と副交感神経からなる自律神経の機能が乱れ、頭がぼーっとする以外にも様々な症状が現れる病気の総称です。

病院で検査をしても原因がわからない場合に付けられる病名です。

自律神経失調症を確定診断できる検査がないので、今現れている症状に対する対症療法をしていくしかないのが現状です。

1-1.自律神経とは

自律神経は、自分の意思でコントロールすることができない神経です。

通常、神経は手で触る行為、感覚を感じ取る、脳で情報を処理するなど、自分の意思で動かし感じることができます。

しかし、自律神経はそれができないため、機能が乱れたときに自分で対処するのが難しくなります。

自律神経は、交感神経と副交感神経が互いにバランスをとりながら、生命を維持するために常に活動しています。

血管、リンパ腺、内臓など自分の意思とは無関係に働く全身の組織に分布しています。

そのため、突如自律神経が乱れると、下痢や便秘(消化器科)、動悸や呼吸が浅い(呼吸器科)、めまいや頭痛(脳神経外科)というように全身の症状が現れます。

症状に応じた科に行くわけですが、そこで原因不明と言われると、ストレスになってしまいます。

自律神経は、ストレスにより悪化しますので、悪循環に陥ってしまう傾向にあります。

1-2.自律神経失調症の症状

体に現れる症状と精神的な症状があります。

1-2-1.体に現れる症状

  • 頭痛
  • めまい(立ちくらみ、ふわふわ、くらくら)
  • 吐き気
  • 耳鳴り
  • 微熱
  • 動悸
  • 冷や汗
  • 冷えやのぼせ
  • 過呼吸
  • 胸の圧迫感
  • 血圧不安定感
  • 全身のだるさ
  • 朝起きられない
  • 不眠
  • 胃腸障害
  • 体温調節障害

1-2-2.精神的な症状

  • 情緒不安定
  • 不安感
  • イライラ
  • 被害妄想
  • うつ状態

1-3.自律神経失調症の原因

病院では、はっきりとした原因がわからないため、周囲の人から怠けていると見られてしまうことがあります。

そのような無理解な態度がさらに苦しめ悪化する要因にもなります。

自律神経失調症の原因の背景には、精神的なストレスなど検査では推し量れない要素が多いです。

そのため、原因も多岐にわたります。

原因を強いて言うなら、食生活や運動不足などの生活環境、人間関係、性格などです。

また、お腹が弱いと腹痛や下痢、首が凝りやすいと頑固な首こりが現れるなど、体質的に弱い部分に原因があるケースもあります。

その人の背景にある原因を突き止めることが大切です。

2.なぜ自律神経は乱れる?

不調

自律神経のバランスが崩れる直接的な原因は特定できませんが、間接的にはストレスや生活習慣が影響しています。

2-1.ストレスや生活習慣の影響が大きい

  • 緊張したときにトイレに行きたくなる。
  • 緊張したときに汗や手が冷たくなる。
  • ストレスがかかると、食欲がなくなる。
  • ストレスがかかると、眠れなくなる。
  • 睡眠不足が続くと、めまいを感じる。

誰でも経験があると思います。

このような状態が長引くと、耐えられる限界を体が超えてしまいます。

我慢強い人ほど自律神経が乱れると、長引く傾向にあります。

自分では感じないストレスが蓄積していた結果です。

体への負担が許容範囲を超えてしまうと、自律神経やホルモンバランスに影響を与え、不快な症状が現れ始めます。

「何か調子がおかしい」と思いながらも、焦りや不安が新たなストレスとなって、さらに症状を悪化させる悪循環に陥ります。

2-2.ストレス以外に原因があるとすれば首こり

自律神経失調症=精神的な要因が強いイメージがありますが、それだけではありません。

いろんな原因が重なり合っているケースもあります。

  • 心の問題➡体に症状が現れる
  • 体の問題➡心にストレスがかかる

それぞれが密接に関わり合っています。

その中で日々肩や首が凝りやすい人は「首こり」を疑ってみてはどうでしょうか?

首は自律神経と深く関わる大事な部分です。

近年、パソコン、スマホやデスクワークなど首に負担のかかる姿勢をとる場面が増えています。

そのせいで、首こりと同時に自律神経失調症を患ってしまう人が多いです。

3.自律神経を整える習慣を身につけることから始める

3-1.腹式呼吸をする

交感神経が緊張状態になると、呼吸が浅くなり、リラックス状態を作りにくくなります。

そんなときにオススメなのが腹式呼吸です。

1.仰向けに寝た状態で、3秒かけて鼻から息を吸い込みます。

息を吸い込むと同時にお腹も膨らませるイメージでしっかり酸素を吸い込むのがポイントです。

2.しっかり吸い込んだら、5秒かけて口からゆっくり息を吐き出します。

息を吐き出すと同時に膨らんだお腹をしぼませるイメージで行いましょう。

寝る前の日課にすると良いでしょう。

3-2.ゆっくりお風呂につかる

簡単にシャワーですませるのではなく、ゆっくり湯船につかって身体を温めましょう。

39~40度のややぬるま湯がおすすめです。

アロマオイルなどをお湯に入れると、リラックス効果が得られます。

特にラベンダーの香りが良いようです。

3-3.適度な運動、ウォーキングをする

普段から運動をする習慣がない人は、ウォーキングから始めてみましょう。

軽い有酸素運動をすると、お風呂と同じように身体の温度が上がり、気持ちよく眠りにつくことができようになります。

3-4.考え方の角度を変えてみる

ストレスの原因を突きつめていくと、人間関係や過去の出来事に必ず突き当たります。

そんなときはストレスを少し違う角度で見直してみましょう。

目の前にある問題は、自分で解決できるものなのか考えてみてください。

自分がいくら頑張ってもどうにも動かないものに深く悩むのは、やめにしましょう。

自律神経の治療は、薬や漢方の他に鍼治療といった選択肢もあります。

鍼治療は、自律神経に深くアプローチできる方法です。

関連記事:初めての鍼治療!効果はいつから?ハリの疑問をすべてお答えします!

4.自律神経を整えるストレッチ

自律神経を整えるストレッチは、首から腰までの体幹をストレッチしましょう。

4-1.首のストレッチ

首ストレッチ

1.床に仰向けに寝ます。

首ストレッチ

2.頭の後ろで手を組み、首の後ろが伸びるように頭を支えながら、ゆっくり20秒伸ばします。

僧帽筋ストレッチ

3.椅子に座って行っても良いです。

パソコン、スマホ作業で前かがみになりやすい姿勢をとることが多い人におすすめ。

3セット行う。

4-2.胸のストレッチ

胸ストレッチ

1.足を肩幅に開き、背筋をまっすぐ伸ばして、手を後ろで組みます。

胸ストレッチ

2.組んだ手を後ろに引っ張りながら、腕を自然に持ち上げます。

上体が前に傾くまで手を上げ過ぎないように注意して、20秒伸ばします。

猫背の人におすすめ。

3セット行う。

4-3.背中のストレッチ

背中ストレッチ

1.足を肩幅に開き、背筋をまっすぐ伸ばして、手を前で組みます。

背中ストレッチ

2.組んだ手を肩からまっすぐ伸ばし、腕と背中を遠ざけるようにして、肩から背中にかけて20秒伸ばします。

3セット行う。

4-4.腰横のストレッチ

腰ストレッチ

1.右手を頭に置き、右側に上体を倒して、左の腰横を20秒伸ばします。

腰ストレッチ

2.反対側も同じように伸ばします。

腰ストレッチ

3.両手を伸ばして頭の上で組みます。

右側に上体を倒して、左側の脇腹から肩甲骨にかけて伸びるように意識しながら、20秒伸ばします。

4.反対側も同じように伸ばします。

左右で伸びにくさを確認して、伸びにくい方を長めにストレッチする。

3セット行う。

4-5.腰のストレッチ

腰伸ばし筋膜リリース

1.両膝の後ろで両手を組み、両膝を胸に近づけていきます。

お尻が浮くまで持ち上げて、腰を20秒伸ばします。

腰伸ばし筋膜リリース

2.その状態のまま、両膝を左に倒して骨盤と腰をその方向に回して20秒伸ばします。

腰伸ばし筋膜リリース

3.さらに、両膝を右に倒して骨盤と腰をその方向に回して20秒伸ばします。

腰伸ばし筋膜リリース

このように、両膝が伸びたり、肩が浮いたりしないように注意する。

3セット行う。

5.まとめ

いかがでしたか?

頭がぼーっとして集中できないのは、自律神経の乱れが大きく関わることが理解できたと思います。

自律神経は、自分でコントロールできない神経であり、全身に分布しています。

そのため、自律神経のアンバランスは、全身の症状に発展する可能性があります。

早急の治療とケアが必要です。

あなたの自律神経失調症を解決します!

ひとりで悩んでいませんか?

・この痛みと一生付き合っていかないといけないのか

・この辛さを誰にもわかってもらえない

・治療してもらっているが良くならない

なかいし鍼灸院では、あなたの身体の状態をカウンセリング、動作分析、超音波エコー観察など詳細な検査を行った上で、専門性の高い筋膜・トリガーポイント鍼治療を提供しています。

10年先も20年先も元気に過ごせるように、あなたと一緒に症状改善に取り組む鍼灸院です。