寝違えが治らない原因はこれだ!対策から治療法までを解説

首こり
  • 一週間経っても首の寝違えが治らない。
  • 頭、肩、腕まで痛みが出てきた。

このような悩みを抱えていませんか?

このまま放置しておいて自然と治ればいいですが、時間が経てばたつほど、治癒に時間がかかってしまいます。

最悪の場合、頻繁に寝違えを繰り返すことになりかねません。

寝違えは、筋肉の痛みです。

筋肉なら大丈夫と思わず、治療を受けるべきです。

この記事では、寝違えが治らない原因はこれだ!対策から治療法までを解説しています。

是非、参考にしてみてください。

1.本来寝違えは自然と治るもの

首の痛み

本来寝違えは時間が経てば自然と治るものですが、痛みが続く場合は、以下のことが考えられます。

1-1.自然治癒力の低下

寝違えは、首の筋肉の炎症です。

通常は、炎症が治まったら自然と痛みはなくなるものです。

それを自然治癒といいます。

若い頃は、自然治癒力が高いので、いつの間にか治っていたこともあったでしょう。

自然治癒力の低下に加えて、治らない要因がひとつあります。

1-2.デスクワークが寝違えの引き金になる

寝違えは、変な体勢で寝てしまったことが原因ですが、デスクワークが寝違えの引き金になっていることがあります。

なぜデスクワークは、寝違えが長引くのか?

デスクワークの人は、首や肩が悪いです。

それは、毎日のように長時間同じ姿勢で作業をしていると、首や肩の筋肉が硬くなり、決して良い状態とはいえません。

そのような状態で、変な体勢で寝てしまったら寝違えになる確率が高くなります。

また、寝違えた後もデスクワークにより患部に負担をかけ続けることになるので、一向に治らない状態が続いてしまうのです。

逆に、普段から運動を習慣づけている人は、元々の筋肉の質や状態が良いので、寝違えても自然と治っていきます。

2.寝違えが治らない原因

寝違えは、筋肉の痛みです。

筋肉の痛みを医学的にもう少し深く解説します。

2-1.筋肉の痛みとは?

筋肉の痛みとは、肉離れのような筋肉の損傷をイメージする方もいるかもしれません。

寝違えの痛みは、そのような状態ではありません。

僧帽筋エコー

これは、エコーで筋肉の状態を写した画像です。

横に伸びる白い線が筋膜です。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

その筋膜が太くなっているのがわかりますか?

これが筋膜の癒着です。

痛みのある場所は、筋膜の癒着が起こっているのです。

筋膜の癒着が生じると、首が曲げにくい、伸ばしにくいといった運動の制限が起き、痛みが長引く原因になってしまいます。

寝違えがなかなか治らない原因は、筋膜の癒着であると考えられます。

2-2.筋膜の癒着とトリガーポイント

トリガーポイント

トリガーポイントという言葉を聞いたことがありますか?

近年の研究でトリガーポイントは、筋膜の癒着部分ではないかといわれています。

トリガーポイントとは、「痛みの引き金になる点」という意味です。

つまり、寝違えの痛みは、首の筋膜の癒着部分がトリガーポイントとして痛みを出しているということです。

2-3.首のトリガーポイント                                                          

板状筋トリガーポイント

この図は、首のトリガーポイントがどこに痛みを出しているのかをわかりやすく表したものです。

✖がトリガーポイントで記してあるところが実際に痛みを感じている場所になります。

よく見てみると、首だけでなく頭にも痛みが現れているのがわかります。

寝違えが元となり、頭痛が現れる典型的な例です。

斜角筋トリガーポイント

寝違えから肩、腕まで痛みが現れるケースもあります。

悪化すると、しびれが現れることもあります。

その場合も首のトリガーポイントが原因となります。

このように、ただの寝違えと思って放置していると、広範囲に症状が及ぶ可能性があるのです。

放置せず治療を!

症状が悪化すれば、今以上に治癒に時間がかかってしまうので、早めに治療をする必要があります。

病院で診断をしてもらい、その後トリガーポイントや筋膜治療の専門家を訪ねるといいでしょう。

3.寝違えが治らないときに自分でやるべき対策

肩こり

自分でも治そうとする努力をすることも大切です。

3-1.首を冷やさない

炎症があるときは、その炎症をできるだけ広げないために、冷やすことが重要です。

寝違えて一週間以上経過したものは、炎症も治まっていますので、今後は温めることが大切です。

  • シャワーですまさず、お風呂に浸かること。
  • 寒い時期なら、マフラーを巻く。

このような対策をするといいでしょう。

3-2.ストレッチをする

痛みがあるからといって動かさずにいるより、動かした方がいいです。

そのためには、ストレッチをしましょう。

ストレッチの注意点

  • 首を動かすと激痛や鋭い痛みが走る場合は、ストレッチはしないこと。
  • 至急治療を受けて痛みを抑えてから、ストレッチを再開した方が良い。
  • 首の可動域を確認しながら、以下のストレッチをしてみてください。
  • 痛みを感じない程度で伸ばすように。
  • 無理に伸ばす必要はない。

3-2-1.首を前に倒す

首ストレッチ

1.上体をまっすぐにして立ちます。

首ストレッチ

2.首を前に倒し、10秒伸ばします。

首ストレッチ

3.さらに首を前に倒し、10秒伸ばします。

首を前に倒すとき、背中をまっすぐにして猫背にならないように注意。

伸びにくい筋肉を確認する。

60度傾けられるのが正常範囲。

3-2-2.首を後ろに倒す

首ストレッチ

1.上体をまっすぐにして立ちます。

首ストレッチ

2.首を後ろに倒し、10秒伸ばします。

首ストレッチ

3.さらに首を後ろに倒し、10秒伸ばします。

首を後ろに倒すとき、背中を曲げずにまっすぐに保つ。

ひっかかりを感じる筋肉を確認する。

50度傾けられるのが正常範囲。

3-2-3.首を横に倒す

首ストレッチ

首を右に倒す場合は、後ろで左手を持って固定します。

首ストレッチ

1.上体をまっすぐにして立ちます。

首ストレッチ

2.首を右に倒し、10秒伸ばします。

首ストレッチ

3.さらに首を右に倒し、10秒伸ばします。

4.反対側も同じように行います。

肩が傾いてしまわないように、首だけ横に倒す。

伸びにくい筋肉を確認する。

左右での違いを確認する。

50度傾けられるのが正常範囲。

3-2-4.首を横に回す

首ストレッチ

1.上体をまっすぐにして立ちます。

首ストレッチ

2.首を右に回し、10秒伸ばします。

首ストレッチ

3.さらに首を右に回し、10秒伸ばします。

4.反対側も同じように行います。

両肩が動かないように首だけ横に回す。

ひっかかりや伸びにくい筋肉を確認する。

左右での違いを確認する。

60度回せるのが正常範囲。

4.寝違えのおすすめ治療法

鍼治療

鎮痛薬や湿布で痛みが治まればいいですが、痛みが長引いてしまっている寝違えはすっきり治りません。

おすすめの治療法を2つご紹介します。

4-1.トリガーポイント注射

痛みの発生部分に注射をして、痛みを抑える方法です。

局所麻酔薬の注射です。

整形外科やペインクリニックで受けることができます。

4-2.トリガーポイント鍼治療

トリガーポイント鍼治療は、筋肉や筋膜の痛みに対して効果的です。

鍼治療には様々な治療方法がありますので、トリガーポイント専門の鍼灸院を探してください。

5.まとめ

いかがでしたか?

寝違えが治らない原因は、筋膜の癒着部分がトリガーポイント化しているからです。

首の痛みを放置せず、寝違えにならない環境を整えることが大切です。

あなたの首の痛みを解決します!

ひとりで悩んでいませんか?

・この痛みと一生付き合っていかないといけないのか

・この辛さを誰にもわかってもらえない

・治療してもらっているが良くならない

なかいし鍼灸院では、あなたの身体の状態をカウンセリング、動作分析、超音波エコー観察など詳細な検査を行った上で、専門性の高い筋膜・トリガーポイント鍼治療を提供しています。

10年先も20年先も元気に過ごせるように、あなたと一緒に症状改善に取り組む鍼灸院です。