腰椎ヘルニアに鍼治療はどうか?手術前に試す価値あり!

腰痛 鍼治療
  • ヘルニアが辛くて、このままだと手術になる!
  • 手術をする前に他に良い治療法はないのか?
  • 鍼治療は、ヘルニアに効果がある?

このような悩みを抱えていませんか?

ヘルニアの手術をしても痛みがとれなかった方がいるのも事実です。

それは、たとえヘルニアを手術で完治させたとしても症状はとれないことを意味します。

つまり、ヘルニアと症状は一致しないということです。

腰への過度な負担がヘルニアの原因となりますが、当然負担がかかれば椎間板以外にも腰を支える筋肉も傷んでいるはずです。

ヘルニアの痛みは、筋肉が原因ではないでしょうか?

鍼治療は、傷んでいる筋肉を正常な状態に戻す働きがあります。

すべてのヘルニアが鍼治療で良くなるわけではありませんが、ヘルニアの痛みの原因について違う角度から考えてほしいものです。

この記事では、腰椎ヘルニアの鍼治療について解説しています。

手術前に試す価値は大いにありますので、是非、参考にしてみてください。

1.腰椎ヘルニアは鍼治療で治る人も治らない人もいる

鍼治療

鍼治療は、技術職です。

鍼灸師の腕の良し悪しで、効果に差が出ます。

治る人もいれば逆に悪化する人もいます。

鍼治療は、当たりはずれが大きく、治療技術の統一が難しいです。

そのため、鍼治療を一括りにして考えるのではなく、治療方針や理論などをベースに鍼灸院を選ぶのがコツです。

2.腰椎ヘルニアで鍼治療を受ける前の考え方

鍼治療はどのようなものなのか、効果や理論などをしっかり理解した上で受診してください。

関連記事:初めての鍼治療!効果はいつから?ハリの疑問をすべてお答えします!

この記事では、腰椎ヘルニアに対する鍼治療の効果的な治療法をご紹介します。

3.腰椎ヘルニアの症状の原因は筋膜にある

冒頭でヘルニアの痛みは、筋肉が原因といいましたが、細かくは「筋膜」です。

筋膜の異常が痛みの原因になっている可能性が非常に高いです。

3-1.筋膜とは?

胸腰筋膜

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことで、筋肉の中まで入り込んでいます。

筋膜はボディスーツのように全身に張りめぐらされていて、「第二の骨格」ともいわれる重要なものです。

筋膜は、外からの力を抵抗なく受け止めて形を変えることができます。

例えば、イスに座ったときのお尻の変形や猫背状態、肥満となり脂肪が増えたときなど、その体の状態に合わせて形を変えることができる立派な膜です。

また、強く引っ張られたときには、その力に耐えることもできます。

それは、筋膜がコラーゲンとエラスチンでできていて、弾力性に富んでいるからです。

コラーゲンとエラスチンがお互いに協力して、体の緊張をコントロールしているということです。

3-2.筋膜の異常とは?

悪い姿勢や繰り返し動作を長く続けると、体の一部分に負担がかかり、筋膜が自由に伸び縮みできなくなります。

自分の皮膚を手で摘まむと、しわができると思います。

このしわの状態が、よじれてしまった筋膜にも起こります。

これを筋膜の癒着といいます。

筋膜の癒着状態が続くと、包まれている筋肉の動きも悪くなり、痛みやしびれが現れます。

筋膜の癒着をトリガーポイントといいます。

長時間同じ姿勢、過度な運動➡筋膜の癒着(トリガーポイント形成)➡筋肉が硬くなる➡痛みやしびれが出現

トリガーポイントを鍼で刺激することで、筋膜の癒着が少しずつ取れていき、筋肉の柔軟性が良くなって、ヘルニアの症状が解消します。

4.腰椎ヘルニアの鍼治療!トリガーポイント鍼療法とは?

腰痛 鍼治療

鍼治療には様々な治療法があり、筋膜の癒着にアプローチする治療法として「トリガーポイント鍼療法」があります。

4-1.トリガーポイントとは?

トリガーポイントとは、「痛みの引き金になる点」という意味です。

銃の引き金を引くと弾が遠くに飛んでいくのと同じように、トリガーポイントが引き金になり遠くの場所に痛みを飛ばします。

その遠くの場所に感じる痛みを「関連痛」といいます。

4-2.トリガーポイントと関連痛

「痛みの原因」がトリガーポイントであり、「症状」が関連痛です。

痛い場所と痛みの原因が一致しないということです。

症状と原因が一致しないことが筋膜の痛みの一番の特徴です。

4-3.腰椎ヘルニアのトリガーポイント

脊柱起立筋トリガーポイント

(✖:トリガーポイント :関連痛)

✖がトリガーポイントで赤く記されているところが実際に痛みを感じている場所になります。

腰からお尻まで広い範囲に痛みが現れているのがわかります。

大殿筋トリガーポイント

(✖:トリガーポイント :関連痛)

お尻のトリガーポイントが原因で痛みを感じることもあります。

お尻に近い場所の腰が痛い場合は、お尻に原因がある可能性が高いです。

小殿筋トリガーポイント

(✖:トリガーポイント :関連痛)

腰椎ヘルニアは腰の痛みだけでなく、お尻から足先まで痛みやしびれが現れることもあります。

その場合は、このお尻のトリガーポイントが原因として考えられます。

腰から足に症状が出ていると思っていても、実際はお尻に原因があることがほとんどです。

4-4.腰椎ヘルニアのトリガーポイントをエコーで確認

多裂筋

左腰の筋膜のエコー画像です。

上から下に向かって体の奥になります。

白く濃く写る部分は、筋膜の癒着が起こっていることを意味します。

痛みの原因が腰の浅い場所ではなく、深い場所にあることがわかると思います。

痛みを和らげようとマッサージでいくら筋肉をほぐしてもすぐ元に戻ってしまうのは、筋膜に問題があるためです。

筋肉にアプローチするよりも筋膜にアプローチした方が効果的です。

5.鍼治療とは?

鍼治療

鍼治療というと、痛い、怖いイメージを持つ人がとても多いです。

鍼治療は、まだまだ一般的ではないため、鍼に対する期待や不安、誤解も多いです。

鍼治療に興味があっても、なかなか重い腰が上がらないという方に、まず鍼治療とはどのようなものなのかを解説していきます。

5-1.鍼治療は痛くない?

鍼治療は、この「針」という漢字を使っていません。

「針」は注射や裁縫の針であり、「鍼」は注射より細く繊細なものです。

鍼

針の中が空洞になっているのが注射針です。

鍼と注射針を比べると、これだけ太さに違いがありますので、注射のような痛みはありません。

鍼

イメージとしては、髪の毛と同じくらいの太さと思ってください。

鍼

鍼治療は直接体に刺入していくのではなく、鍼管という筒状の中に鍼を入れて打ちます。

この鍼管を使うことにより、刺すときの痛みを最小限に抑えることができ、痛みを感じることなく体に鍼を打っていくことができます。

鍼

注射針は曲がることはありませんが、鍼はとても繊細で曲がります。

曲がると、折れるのでは?と怖いイメージがあると思いますが、折れません。

実は鍼治療において、曲がることがとても大事なのです。

曲がることで、組織を極力傷つけずに鍼を刺入することが可能になります。

血管などの硬い組織は、鍼が曲がることで血管を避けてくれます。

鍼治療は、筋肉など細かい組織を刺激することに長けているのです。

5-2.鍼治療は感染しない?

使い捨ての鍼を使用し、一度使った鍼は廃棄処分です。

同じ鍼を再度使うことはありませんので、血液感染することはありません。

5-3.鍼治療の副作用は?

鍼治療は、副作用の少ない治療法として有名ですが、副作用がゼロというわけではありません。

体質や症状の強さによっては、副作用が現れることがあります。

5-3-1.体のだるさ

鍼治療は、体の組織を傷つけ、その部分を治そうとする自然治癒力を引き出しますので、鍼をした部分は、微小な組織損傷と炎症が起こります。

そのため、体がだるくなることがあります。

また、体の緊張が取れ、リラックスする副交感神経の活動が活発になるので、体がドーンと重だるく眠くなることもあります。

これは、鍼による体の変化がしっかり出ていて、良い反応なのですが、鍼治療の刺激が強過ぎるとかえって体がしんどくなります。

5-3-2.痛みの場所が変わる

違う場所が痛くなった、痛みの場所が増えて悪化したなど、相談を受けることがあります。

痛みのある場所は、1ヵ所だけとは限りません。

長年の症状は、複数悪いポイントが存在します。

治療により、一番痛い場所が良くなると、次は2番目、3番目と痛みの場所がコロコロ変わることがあります。

それは、少しずつ治っている証拠であり、決して悪化しているわけではありません。

5-3-3.内出血する

鍼が血管に当たると、内出血することがあります。

時間が経つと打撲をした後のように青紫色になります。

出血しても特に問題はありません。

どんな治療法にも必ず副作用があります。

鍼が怖い、神経質などの方には、世界で一番細い鍼を使って最小限の刺激で施術していますので、副作用が出ることはほとんどありません。

5-4.鍼治療にはどんな効果がある?

鍼治療の効果メカニズム

5-4-1.血流の改善により筋肉が柔らかくなる

血行が悪い部分は、筋肉が硬くなり、凝りできます。

そこに鍼を打つと、血液の流れが正常に戻り、筋肉が柔らかくなることで、症状が改善していきます。

5-4-2.脳内で痛みを抑える物質が出て、痛みが和らぐ

鍼治療がなぜ効くのか、科学的な根拠として、脳内でモルヒネに似た物質が放出されることがわかっています。

モルヒネとは、人類最大の痛みを抑える物質です。

鍼治療を受けると、何か爽快感がする、リラックスして眠くなるといった声をよくいただきます。

それは、モルヒネ様物質が出ているからです。

5-4-3.自律神経のバランスを調整する

自律神経は、交感神経と副交感神経にわかれ、互いにバランスをとりながら働いています。

体に不調がある人は、交感神経の活動が活発で副交感神経の活動が弱まっている状態です。

鍼治療は、交感神経の無駄な緊張を抑え、副交感神経の活動を活発にする働きがあります。

病院では、原因のわからない症状にも対応できるのは、人間そのものの内面から変えていくことが可能だからです。

6.腰椎ヘルニアでトリガーポイント鍼治療を受けた方の感想

6-1.腰椎椎間板ヘルニア 18歳女性

椎間板ヘルニアと診断されて、しばらくは地元の整形外科に通っていたのですが、一向に良くなりませんでした。

そんな時に母が探してくれたトリガーポイントという治療と出会いました。

最初は、針の痛みや怖さがあったのですが、徐々に慣れ、その後のだるさにも慣れてきました。

通い始めたばかりの頃は、本当に良くなるのだろうと半信半疑だったのですが、通う度に痛みが和らいでいます。

今では、ほとんど痛みはありません。

この治療と出会えて良かったです。

患者感想

6-2.腰椎椎間板ヘルニア 61歳男性

突然、おしりが痛み出し、整形外科で治療を受けましたが、椎間板ヘルニアと診断され、ブロック注射を打ったりしましたが改善せず、ネットで検索して、なかいしさんにきました。

トリガーポイントに鍼を打つので治療中は痛いと思いますが、あと楽になるので、感謝しております。

週末にしか、広島に来られないので、残念です。

患者感想

7.まとめ

いかがでしたか?

  • 腰椎ヘルニアでも筋膜に痛みの原因がある場合は、鍼治療が効果的。
  • 鍼治療の中でもトリガーポイント鍼療法が効果的。

手術を受ける前に、トリガーポイント鍼療法を受けてみてください。

あなたの体の不調を解決します!

ひとりで悩んでいませんか?

・この痛みと一生付き合っていかないといけないのか

・この辛さを誰にもわかってもらえない

・治療してもらっているが良くならない

なかいし鍼灸院では、あなたの身体の状態をカウンセリング、動作分析、超音波エコー観察など詳細な検査を行った上で、専門性の高い筋膜・トリガーポイント鍼治療を提供しています。

10年先も20年先も元気に過ごせるように、あなたと一緒に症状改善に取り組む鍼灸院です。