上を向くと首が痛い原因は?ストレートネックストレッチでの治し方

首こり

首を後ろに倒すと痛い。

首の付け根が痛い。

寝違えた記憶がないんだけど…

首が痛い原因やストレッチの方法が知りたい。

このような悩みを抱えていませんか?

上を向くときだけ首が痛いと不安になりますよね。

首の痛みが悪化すると、頭痛やめまいを引き起こすこともありますので、早めの対策が必要です。

この記事では、上を向くと首が痛い原因とストレートネックストレッチでの治し方について書いています。

是非、参考にしてみてください。

1.上を向くと首が痛い原因は?

首こり

首を前や横に倒すのは痛くないのに、後ろに倒すときだけ痛みがある人は意外に多いです。

考えられる原因は、2つあります。

1-1.ストレートネック(首の骨の問題)

ストレートネックという言葉を聞いたことがあると思います。

ストレートネック

本来、首の骨は上のような弯曲をしています。

この弯曲がクッションの役割として、頭の重みを分散してくれることで、首の筋肉に過度な負担がかからないような仕組みになっています。

ストレートネック

しかし、普段の姿勢の悪さが引き金になって、頚椎の弯曲が失われることがあります。

赤で記したように、直線的な頚椎になってしまうのです。

この頚椎が真っすぐになった状態をストレートネックといいます。

ストレートネックになると、頭の重みをうまく分散することができなくなり、首の筋肉に大きな負担がかかります。

筋肉に負担がかかるということは、痛みが現れやすい首になってしまうということです。

また、ストレートネックの人は、デスクワークなどにより常に頭が前に出た姿勢を長時間とることで頚椎が真っすぐになります。

そのため、首を前に倒すのは楽なのに、後ろに倒すときだけ痛みが出ることもあります。

これは、猫背になっている証拠です。

首だけでなく、猫背にならないよう意識して仕事をすることが大切です。

1-2.トリガーポイント(首の筋肉、筋膜の問題)

トリガーポイント

長時間同じ姿勢で作業をしている人は、首の筋肉や筋膜の柔軟性がなくなり、痛みの元となるトリガーポイントができてしまうことがあります。

トリガーポイントとは、「痛みの引き金になる点」という意味です。

銃の引き金を引くと弾が遠くに飛んでいくのと同じように、トリガーポイントが引き金になり遠くの場所に痛みを飛ばします。

下の図を見てください。

僧帽筋トリガーポイント

✖がトリガーポイントで、赤で記されているのが実際に感じている痛みの場所です。

首を後ろに倒すと首や背中の筋肉が収縮します。(収縮とは簡単にいえば、筋肉に力が入っている状態のことです。)

トリガーポイントは、筋肉が収縮すると痛みが現れる特徴があります。

そのため、首を後ろに倒すと痛みが現れるのは、筋肉や筋膜にできたトリガーポイントが原因の可能性が高いです。

2.首の痛みが悪化すると…

頭痛

首の痛みが悪化したり、なかなか治らないと様々な症状が現れることがあります。

2-1.頭痛

慢性的な首、肩の痛みや凝りが原因となり、頭痛が現れます。

頭半棘筋トリガーポイント

このように、首のトリガーポイント(✖)が後頭部やこめかみ(赤で記された場所)に痛みを出しているのがわかると思います。

これが頭痛です。

首が悪くなると、頭痛が現れる証拠です。

2-2.めまい

上を向くと立ちくらみがしたり、フワフワするめまいなどが現れます。

頭の中に原因がある場合は少なく、その多くは、首に原因があります。

脳外科で異常がない場合は、首を疑いましょう。

2-3.自律神経失調症

首は脳の一部であり、生命を維持するために必要なものがたくさん通っている部分です。

首の痛みや凝りで首に異常が起こると、自律神経機能に様々なトラブルが発生します。

めまいや頭痛もそのうちの一つですが、動悸や血圧の不安定感、微熱など全身の症状が現れます。

また、精神的なものである気分の浮き沈みなどメンタルにも問題が生じやすくなります。

3.ストレートネックの治し方

デスクワークや猫背の方におすすめです。

ストレートネックになりやすい姿勢を日々続けていると、首の痛みがなかなか治りません。

予防にもなりますので、実践してみてください。

ストレートネックストレッチ

1.まっすぐ椅子に座り、首の後ろにタオルを当てて両手で持ちます。

ストレートネックストレッチ

2.首全体を後ろに倒すのと同時に、タオルを前上方に引き上げます。

この姿勢を10秒キープします。                                   

ストレートネックストレッチ

3.タオルは前上方に引き上げたままで、胸を張ると同時に、顎を喉に向かって引きます。

タオルが後ろに引かれそうになったら、その位置で止めて、20秒キープします。

顎を引くのが難しかったり、痛みが出る場合は、タオルを引く力を少し緩めてみてください。

3セット行う。

4.上を向くと痛い!首のストレッチ

首を後ろに倒すと痛みが出るため、前や横に倒すストレッチをご紹介します。

痛みが出る動きとは逆の動きをすることで、悪くなっている筋肉を伸ばすことができます。

是非、実践してみてください。

4-1.首を前に倒すストレッチ

僧帽筋ストレッチ

1.椅子に座って背筋を伸ばし、両手を頭の後ろで組みます。

僧帽筋ストレッチ

2.両手で頭を押して首を前に倒し、首の後ろを20秒伸ばします。

僧帽筋ストレッチ

このように猫背にならないように注意。

3セット行う。

少し伸びている感覚で留めること。

4-2.首を横に回すストレッチ

肩甲挙筋ストレッチ

1.左手で右手を持ち固定します。

2.首を左に回し左前に倒して、右首から肩ラインを20秒伸ばします。

3.反対側も同じように伸ばします。

3セット行う。

少し伸びている感覚で留めること。

4-3.首を横に倒すストレッチ

僧帽筋ストレッチ

1.右手で左側頭部を押して、左首から肩のラインを20秒伸ばします。

僧帽筋ストレッチ

2.反対側も同じように伸ばします。

3セット行う。

少し伸びている感覚で留めること。

4-4.肩甲骨内側を伸ばすストレッチ

菱形筋ストレッチ

1.左手で壁をつかみ、背中は丸くしておきます。

菱形筋ストレッチ

2.左の肩甲骨を外に開くイメージで、ゆっくり上体を前にくっつけていき、20秒伸ばします。

3.反対側も同じように伸ばします。

3セット行う。 

背中を丸めることで、筋肉が伸びやすくなる。

肩甲骨の内側に伸びる感覚があればOK

5.まとめ

いかがでしたか?

上を向くと首が痛い原因と治し方が理解できたと思います。

ご紹介したストレッチを実践していただき、痛みを解消しましょう。

それでも改善しない場合は、トリガーポイント専門家にご相談ください。

あなたの首こりを解決します!

ひとりで悩んでいませんか?

・この痛みと一生付き合っていかないといけないのか

・この辛さを誰にもわかってもらえない

・治療してもらっているが良くならない

なかいし鍼灸院では、あなたの身体の状態をカウンセリング、動作分析、超音波エコー観察など詳細な検査を行った上で、専門性の高い筋膜・トリガーポイント鍼治療を提供しています。

10年先も20年先も元気に過ごせるように、あなたと一緒に症状改善に取り組む鍼灸院です。