首こりで気持ち悪い!吐き気や頭痛を和らげるストレートネック改善法

吐き気

首こりがひどくて気持ち悪い。

吐き気や頭痛、喉の違和感がある。                                                                              

ストレートネックで首が凝りやすい。

ストレッチをすると悪化する気がする。

このような悩みを抱えていませんか?

首の凝りだけでなく、吐き気や頭痛など諸症状が現れると辛いですよね。

首こりがひどい人ほど高確率でストレートネックになっています。

首こりを和らげるためには、ストレッチだけでなく、このストレートネックを改善することが大切です。

この記事では、首コリで気持ち悪い方のために、ストレッチとストレートネックを改善する方法を解説しています。

是非、参考にしてみてください。

1.首こりで気持ち悪くなる理由

吐き気

肩こりで悩んでいる人はたくさんいますが、その中の多くの方は、首の凝りも同時に自覚しています。

昔は、「首こり」という言葉が一般的ではなく、肩こりとしてまとめられていました。

肩こりでも気持ち悪さを感じる方がいますが、おそらく首も肩と同様に凝りがあるはずです。

肩こりと首こりの違いは、肩はいくら凝っても神経症状を出しませんが、首こりは全身の不調を引き起こします。

1-1.首は脳の一部であり、架け橋である

首は脳の一部であり、脳と体を繋ぐ大切な架け橋です。

首の中心部には脊髄が通っていて、脳➡首➡背中➡腰へと全身に広がっています。

これらの神経がスムーズに働くことで、健康に過ごすことができています。

また、血液の通り道でもあり、とても大切な部分でもあります。

1-2.首は一つひとつの筋肉が弱い                  

首の筋肉は、他の筋肉に比べて、細くて互いに重なり合っています。

首は前後左右自由に動かせるように、とても小さな筋肉で成り立っています。

そのため、一つひとつの筋肉の力が弱いのです。

ましてや、一日中重たい頭を支えるために、ずっと働き続けています。

日々の疲労が蓄積する理由がわかります。

首の筋肉は、疲労しやすく、またその疲労を解消しにくいといった側面があるため、首こりが発生するのです。

1-3.首こりは自律神経機能のトラブルを起こしやすい

首は脳の一部、首がないと生きていけません。

首の奥は、自律神経機能に関わる大事な部分です。

自律神経は、生命を維持するために必要な機能をコントロールしている神経です。

首に異常が起きると、自律神経に関わるトラブルが発生しやすくなります。

例えば首が凝ると、吐き気、頭痛、めまい、動悸、血圧の変動など自律神経機能が乱れ、様々な不定愁訴が現れます。

2.首こりが原因で現れる症状

肩こり

首こりは、別名「頚性神経筋症候群」といい、東京脳神経センターの松井孝嘉医師により名付けられた病気です。

その頚性神経筋症候群で現れる症状は、実に17つあるといわれています。

首こりが原因で起こる症状

頭痛、めまい、自律神経失調症、自律神経性うつ、パニック障害、慢性疲労症候群、更年期障害、血圧不安定症、ムチウチ症、ドライアイ、不眠症、多汗症、機能性胃腸症、過敏性腸症候群、機能性食道嚥下障害、VDT症候群、ドライマウス

3.首こりの原因になるストレートネックとは

ストレートネック

首こりは、筋肉の凝りだけが原因ではなく、頚椎の異常が原因になることもあります。

その一つが「ストレートネック」です。

ストレートネック

本来、首の骨は上のような弯曲をしています。

この弯曲がクッションの役割として、頭の重みを分散してくれることで、首の筋肉に過度な負担がかからないような仕組みになっています。

ストレートネック

しかし、普段の姿勢の悪さが引き金になって、頚椎の弯曲が失われることがあります。

特に猫背の人は赤で記したように、直線的な頚椎になってしまうのです。

この頚椎が真っすぐになった状態をストレートネックといいます。

ストレートネックになると、頭の重みをうまく分散することができなくなり、首の筋肉に大きな負担がかかります。

この状態が続いてしまうと、首の筋肉に異常が起こって首こりを発症します。

4.首こりによる気持ち悪さを和らげるストレッチ&ストレートネック改善法

首を動かすと、気持ち悪さが増す方もいると思います。

そのような場合は、行わないようにしてください。

また無理矢理伸ばしたりしないよう、少し伸びているなと感じる程度に留めるようにしましょう。

4-1.首こりストレッチ①

肩筋膜リリース

1.椅子に座り、両手を前面で交差して、反対側の肘をつかみます。

2.その状態から、両肘を前下方に突き出して、背中を10秒伸ばします。

肩筋膜リリース

3.後ろ上方に引いて、前面を10秒伸ばします。

肩筋膜リリース

4.両肘を前方に真っすぐ突き出して、背中を10秒伸ばします。

肩筋膜リリース

5.後ろに真っすぐ引いて、前面を10秒伸ばします。

肩筋膜リリース

6.両肘を前上方に突き出して、背中を10秒伸ばします。

肩筋膜リリース

7.後ろ下方に引いて、前面を10秒伸ばします。

1~73セット行う。

背中を丸めすぎたり、腰を反り過ぎたりしないように注意する。

4-2.首こりストレッチ②

筋膜リリース

1.タオルで左肩を押さえます。

筋膜リリース                                                               

2.その状態から、顎を引いたまま、首を右側に倒して、10秒伸ばします。

筋膜リリース

3.右耳の位置を右肩より前に出すように、頭と首を左側に回して、10秒伸ばします。

筋膜リリース

4.鼻を右肩に近づけるように、頭と首を右側に回して、10秒伸ばします。

5.反対側も同じように行います。

筋膜リリース

このようにタオル側の肩が上がらないように注意する。

3セット行う。

4-3.首こりストレッチ③

肩筋膜リリース

1.右腕を頭の上に上げ、左腕を腰に回して、肘を90度直角に曲げます。

肩筋膜リリース                      

2.両方の肩甲骨を反時計回りに回すように腕を動かします。

肘は曲げたままで、20秒伸ばします。

肩筋膜リリース

3.右足を左足の前で交差します。

肩筋膜リリース

4.左側へ上体を倒し、20秒伸ばします。

肩筋膜リリース

5.その状態から、鼻を左肩に近づけるように回し、20秒伸ばします。

6.反対側も同じように行います。

3セット行う。

慣れてきたら20秒以上伸ばすように。

肩甲骨には、多くの筋肉がついているため、しっかり丁寧に行うこと。

4-4.首こりストレッチ④

筋膜リリース

1.椅子に座り、左手で右肩を押さえます。

伸ばした右腕は、斜め下方にしっかり伸ばした状態をキープします。

筋膜リリース

2.顎を引いたまま、首を左側へ倒します。

筋膜リリース

3.鼻が左肩に近づけて、20秒伸ばします。

4.反対側も同じように行います。

3セット行う。

押さえた肩が上がらないように注意する。

4-5.ストレートネック改善法

首こりの原因になるストレートネックを改善するストレッチです。

ストレートネックではない方も予防になりますので、是非、実践してみてください。

ストレートネックストレッチ

1.まっすぐ椅子に座り、首の後ろにタオルを当てて両手で持ちます。

ストレートネックストレッチ

2.首全体を後ろに倒すのと同時に、タオルを前上方に引き上げます。

この姿勢を10秒キープします。  

ストレートネックストレッチ

3.タオルは前上方に引き上げたままで、胸を張ると同時に、顎を喉に向かって引きます。

タオルが後ろに引かれそうになったら、その位置で止めて、20秒キープします。

顎を引くのが難しかったり、痛みが出る場合は、タオルを引く力を少し緩めてみてください。

3セット行う。

5.まとめ

いかがでしたか?

首こりが原因で気持ち悪くなる理由や首こり改善方法が理解できたと思います。

ここでご紹介したストレッチとストレートネック改善法を実践してみてください。

もし改善しない場合は、筋肉・こり治療の専門家にご相談ください。

あなたの首こりを解決します!

ひとりで悩んでいませんか?

・この痛みと一生付き合っていかないといけないのか

・この辛さを誰にもわかってもらえない

・治療してもらっているが良くならない

なかいし鍼灸院では、あなたの身体の状態をカウンセリング、動作分析、超音波エコー観察など詳細な検査を行った上で、専門性の高い筋膜・トリガーポイント鍼治療を提供しています。

10年先も20年先も元気に過ごせるように、あなたと一緒に症状改善に取り組む鍼灸院です。