首こり放置はダメ!息苦しくて胸が苦しい原因は首にある

息苦しい
  • 呼吸が辛くて胸の圧迫感がある。
  • 頭痛や吐き気で気持ち悪い。
  • 動悸がしてストレスが溜まる。
  • 肩こりもひどい。

このような悩みを抱えていませんか?

病院では、内科的な原因はなく、ストレスで片づけられると辛いですよね。

このような自律神経症状は、首こりが関係しています。

この記事では、首こり放置はダメ!息苦しくて胸が苦しい原因は首にある理由を解説しています。

是非、参考にしてみてください。

1.息苦しくて胸が苦しくなる理由

息苦しい

1-1.首は脳との架け橋

首は脳の一部であり、脳と体を繋ぐ大切な架け橋です。

首の中心部には脊髄が通っていて、脳➡首➡背中➡腰へと全身に広がっています。

これらの神経がスムーズに働くことで、健康に過ごすことができています。

また、血液の通り道でもあり、とても大切な部分でもあります。

1-2.首は自律神経機能に関わる大事な部分

首の奥は、自律神経機能に関わる大事な部分です。

自律神経は、生命を維持するために必要な機能をコントロールしている神経です。

首こりが起きると、自律神経に関わるトラブルが発生しやすくなります。

吐き気、頭痛、めまい、動悸、血圧の変動など自律神経機能が乱れると、様々な不定愁訴が現れます。

不定愁訴とは?

イライラ、頭が重い、眠れない、疲れがとれないなどの体の不調。

病院で検査をしても原因となるものが見つからない。

自律神経失調症と診断されることもある。

患者の訴えのみで主観的であり、客観的な所見がわかりにくい。

そのため、周囲に理解されない傾向にある。

息苦しさや胸の苦しさは、不定愁訴(自律神経失調症)に当てはまる。

1-3.首は一つひとつの筋肉が弱く、疲労が溜まりやすい

首の筋肉は、他の筋肉に比べて、細くて互いに重なり合っています。

首は前後左右自由に動かせるように、とても小さな筋肉で成り立っています。

そのため、一つひとつの筋肉の力が弱いです。

一日中重たい頭を支えるために、ずっと働き続けているため、日々の疲労が蓄積しやすいのです。

首の筋肉は、疲労しやすく、またその疲労を解消しにくいといった側面があるため、首こりが発生します。

頚板状筋

自律神経は、首から腰までの背骨の中心部から出て全身をコントロールしています。

背骨沿い筋肉に凝りが発生すると、自律神経に影響を与えるのは明らかです。

首の筋肉は、首から背中、腰まで繋がっています。

首が凝ると、やがて背中も凝り始めます。

首こりだけではなく、背中や腰まで悪影響を及ぼします。

背中の凝りは、常に圧迫されているようで、深呼吸など大きく息を吸い込むことが難しくなることがあります。

息苦しさは、自律神経機能の乱れと首こりに伴う背中の凝りも原因です。

首こりが原因で現れる3大症状

  • 頭痛
  • めまい
  • 自律神経失調症(息苦しい、胸が苦しい含む)

2.首こり度をチェック!

自律神経失調症

30項目のうち、いくつ当てはまるかチェックしてみてください。

  1. 頭が痛い、頭が重い
  2. 首が痛い、首が張る
  3. 肩が凝る、肩が重い
  4. 風邪を引きやすい
  5. めまいがする
  6. フワフワ感がある、体がなんとなく不安定
  7. 吐き気がする、食欲不振、飲み込みにくい
  8. 寝つきが悪い、夜中に覚醒する
  9. 血圧が不安定、最高血圧が200前後になる
  10. 暖かい場所に長くいられない、寒い場所に長くいられない
  11. 汗が出やすい、汗が出ない
  12. 静かにしているのに急に心臓がドキドキする、急に脈拍が速くなる
  13. 目が見えにくい、ぼやける
  14. 目が疲れやすい、目が痛い
  15. まぶしい、目を開けていられない
  16. 目が乾燥する、涙が出やすい
  17. 口が乾く、唾が出ない、唾が多い
  18. 微熱が出る、微熱の原因は不明である
  19. 下痢をしやすい、便秘である
  20. 横になりたくなる
  21. 疲れやすい、全身がだるい
  22. やる気が起きない、意欲がわかない
  23. 天候悪化前日は症状が強い
  24. 気分が落ち込む
  25. 一つのことに集中できない
  26. わけもなく不安、いつも不安感が強い
  27. イライラしやすい、焦燥感がある
  28. 根気がない、仕事が続かない
  29. 頭がのぼせる、手足が冷たい、手足がしびれる
  30. 胸が痛い、胸の圧迫感がある、胸がしびれる

首こり度評価

4以下…問題なし。

5~10…軽度の首こり。

11~17…中度の首こり。要治療。

18以上…重度の首こり。要治療。精神的なケアも必要。

3.息苦しさ以外に現れる首こり症状

首こり

  1. 頭痛
  2. めまい
  3. 自律神経失調症
  4. 自律神経性うつ
  5. パニック障害
  6. 慢性疲労症候群
  7. 更年期障害
  8. 血圧不安定症
  9. ムチウチ症
  10. ドライアイ
  11. 不眠症
  12. 多汗症
  13. 機能性胃腸症
  14. 過敏性腸症候群
  15. 機能性食道嚥下障害
  16. VDT症候群
  17. ドライマウス

これらの17の症状を頚性神経筋症候群といいます。

頚性神経筋症候群とは、いわゆる首こり病のことです。

東京脳神経センターの松井孝嘉医師により付けられたもので、上記のような症状が首こりにより発症するということです。

4.息苦しさを治すには首を治療すること

鍼治療

息苦しさや胸の苦しさは、首こりによる自律神経機能の乱れであることが理解できたと思います。

今の症状を治すには、首を治療することです。

首こりと相性が良い治療は、鍼治療です。

鍼は、筋肉の凝りに対して直接アプローチできる治療法です。

自律神経にも自然と作用しますので、おすすめです。

また、鍼治療だけに頼るのではなく、ストレッチや首こり対策をするべきです。

4-1.首こり対策3つのポイント

4-1-1.前かがみ姿勢の時間を減らす

前かがみの姿勢は首に負担がかかります。

パソコン、スマホ、家事、手芸など集中して何かに打ち込んでいるときは、首のことを忘れてしまいます。

できる限り生活シーンの中で、前かがみの姿勢を減らしていくよう努力してみてください。

4-1-2.デスクワーク中、15分に1回は首を動かす

15分に1回は首を動かし、休ませるようにしてみてください。

首は、横になっているとき以外、絶えず疲労が蓄積していきます。

デスクワーク中は、首を休ませリセットする時間を作ってみましょう。

4-1-3.首を温める

首を冷やしてはいけません。

ホットタオルや湯船に首まで浸かるなど首を温める習慣をつけましょう。

寒い時期は、マフラーやストールなどで、首を冷やさない工夫も必要です。

4-2.首こりストレッチ

4-2-1.首こりストレッチ①

肩筋膜リリース

1.椅子に座り、両手を前面で交差して、反対側の肘をつかみます。

2.その状態から、両肘を前下方に突き出して、背中を10秒伸ばします。

肩筋膜リリース

3.後ろ上方に引いて、前面を10秒伸ばします。

筋膜リリース

4.両肘を前方に真っすぐ突き出して、背中を10秒伸ばします。

筋膜リリース

5.後ろに真っすぐ引いて、前面を10秒伸ばします。

肩筋膜リリース

6.両肘を前上方に突き出して、背中を10秒伸ばします。

肩筋膜リリース

7.後ろ下方に引いて、前面を10秒伸ばします。

1~73セット行う。

背中を丸めすぎたり、腰を反り過ぎたりしないように注意する。

4-2-2.首こりストレッチ②

筋膜リリース

1.タオルで左肩を押さえます。

筋膜リリース                                                        

2.その状態から、顎を引いたまま、首を右側に倒して、10秒伸ばします。

筋膜リリース

3.右耳の位置を右肩より前に出すように、頭と首を左側に回して、10秒伸ばします。

筋膜リリース

4.鼻を右肩に近づけるように、頭と首を右側に回して、10秒伸ばします。

5.反対側も同じように行います。

筋膜リリース

このようにタオル側の肩が上がらないように注意する。

3セット行う。

4-2-3.首こりストレッチ③

筋膜リリース

1.右腕を頭の上に上げ、左腕を腰に回して、肘を90度直角に曲げます。

肩筋膜リリース                 

2.両方の肩甲骨を反時計回りに回すように腕を動かします。

肘は曲げたままで、20秒伸ばします。

肩筋膜リリース

3.右足を左足の前で交差して、左側へ上体を倒し、20秒伸ばします。

肩筋膜リリース

4.その状態から、鼻を左肩に近づけるように回し、20秒伸ばします。

5.反対側も同じように行います。

3セット行う。

慣れてきたら20秒以上伸ばすように。

肩甲骨には、多くの筋肉がついているため、しっかり丁寧に行うこと。

4-2-4.首こりストレッチ④

筋膜リリース

1.椅子に座り、左手で右肩を押さえます。

伸ばした右腕は、斜め下方にしっかり伸ばした状態をキープします。

筋膜リリース

2.顎を引いたまま、首を左側へ倒します。

筋膜リリース

3.鼻が左肩に近づけて、20秒伸ばします。

4.反対側も同じように行います。

3セット行う。

押さえた肩が上がらないように注意する。

4-2-5.呼吸を楽にする胸ストレッチ

大胸筋ストレッチ

1.左肘から指までを壁につけます。

大胸筋ストレッチ

2.この状態で、首と上体を右に回して、20秒伸ばします。

3.反対側も同じように伸ばします。

大胸筋ストレッチ

4.また、このように少し高い位置に肘から指までを壁につけます。

大胸筋ストレッチ

5.そして、首と上体を右に回すと同じ大胸筋でも伸びる部分が変わります。

より伸びやすい角度をみつけて伸ばしてみてください。

3セット行う。

4-2-6.呼吸を楽にする背中のストレッチ

菱形筋ストレッチ

1.左手で壁をつかみ、背中は丸くしておきます。

菱形筋ストレッチ

2.左の肩甲骨を外に開くイメージで、ゆっくり上体を前にくっつけていき、20秒伸ばします。

3.反対側も同じように伸ばします。

3セット行う。 

背中を丸めることで、筋肉が伸びやすくなる。

肩甲骨の内側に伸びる感覚があればOK

5.まとめ

いかがでしたか?

息苦しさや胸の苦しさは、首こりによる自律神経機能の乱れです。

まずは、首こりを緩和するために鍼治療とストレッチや対策を実践してみてください。

あなたの首こりを解決します!

ひとりで悩んでいませんか?

・この痛みと一生付き合っていかないといけないのか

・この辛さを誰にもわかってもらえない

・治療してもらっているが良くならない

なかいし鍼灸院では、あなたの身体の状態をカウンセリング、動作分析、超音波エコー観察など詳細な検査を行った上で、専門性の高い筋膜・トリガーポイント鍼治療を提供しています。

10年先も20年先も元気に過ごせるように、あなたと一緒に症状改善に取り組む鍼灸院です。