肩こりで歯痛や歯が浮く!虫歯ではないのに歯が痛い原因~治し方まで

歯痛

歯が痛くて歯医者に行ったけど、虫歯や歯が原因ではなかった。

最近、急に首や肩の凝りを感じるようになったけど、歯の痛みと何か関係があるの?

このような悩みを抱えていませんか?

歯に原因がないのに、歯が痛いと不安になりますよね。

実は、肩こりと歯痛には深い関係性があります。

この記事では、肩こりと歯痛、歯が浮くといった歯のトラブルの関係性、虫歯ではないのに歯が痛い原因~治し方までの全知識を公開しています。

是非、参考にしてみてください。

1.肩こりから歯痛、歯痛から肩こり

歯痛

肩が凝るから歯が痛くなるのか?

歯が痛いから肩が凝るのか?

どちらもあります。

一見何も関係ないような歯と肩ですが、互いに密接に関わっています。

1-1.肩こりから歯痛へ

重い頭を日々支えているのは、首と肩です。

頭が前に倒れるような悪い姿勢を続けていると、首や肩が凝ってきます。

凝りが発生すると、首の筋肉によって下顎が後方へ引っ張られるようになります。

その結果、歯の噛み合わせが悪くなったり、歯痛や歯が浮くといった感覚が現れるのです。

1-2.歯痛から肩こりへ

歯が痛いとその歯で噛まないように、いつもとは違った噛み方をすると思います。

人には必ず噛み癖があります。

では、グッと歯を噛みしめてみてください。

顎の筋肉の発達に左右差がありませんか?

顎の筋肉は首や肩の筋肉と繋がりがあり、普段とは違う噛み方によっていつもと違う負荷がかかるのです。

その結果、首や肩に凝りを感じるようになります。

2.歯に原因がないのに歯痛がおこる病気

歯痛

歯に原因がないのに歯が痛くなることを非歯原性疼痛といいます。

2-1.筋肉や筋膜性の歯痛

顎、首、肩などの筋肉や筋膜に原因がある歯痛です。

歯に原因がない痛みのほとんどがこの歯痛です。

歯ぎしりや噛み合わせの異常などで咀嚼筋(噛むときに使う筋肉)に疲労が溜まり歯痛の元になったり、首や肩こりが原因で歯が痛い場合がこれにあたります。

筋肉や筋膜性の歯痛の特徴

顎、首、肩の筋肉、筋膜にできるトリガーポイントが原因。

歯を叩く、刺激物の飲食などでは歯痛はない。

持続性の鈍痛。

食後に悪化する傾向がある。

肩こりの解消や顎のマッサージなどで凝りを和らげ、疲労を除去することが歯痛を治す近道です。

この記事の最後にその方法を書いていますので、最後まで読み進めてみてください。

2-2.頭痛(緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛)による歯痛

2-2-1.緊張型頭痛による歯痛

噛みしめや歯ぎしり、片側で噛み過ぎる場合に歯痛が出やすいです。

緊張型頭痛は、圧迫感や締め付けられるような痛みが持続的に起こり、首や肩の凝りを併発していることが多く、筋肉の緊張により歯痛が現れるのが特徴です。

2-2-2.片頭痛による歯痛

歯痛とともに頭にも叩かれているような痛みが現れます。

それと同時に吐き気や体を動かすと痛みが悪化することもあります。

片頭痛は、片側とは限らず両方の頭が痛くなることもあり、女性に多く、光や音に敏感になるのが特徴です。

2-2-3.群発頭痛による歯痛

目を中心に上の歯や側頭部に激痛が生じる頭痛です。

群発頭痛は、男性に多く、アルコールなどで悪化する特徴があります。

2-3.心筋梗塞や狭心症による歯痛

心臓に問題があると、関連痛という形で肩こりと歯痛が起こります。

胸の痛みや左腕、左肩、左首など左を中心に痛みます。

歯の痛みも左の歯や左の顎に痛みが現れるのが特徴です。

また、歯痛と顎の痛みだけ感じる場合もあります。

2-4.副鼻腔炎による歯痛

頬から目にかけての圧迫感や上の歯に鈍痛が現れます。

風邪をひいた後や鼻水、鼻づまりがあり、歯を叩くと響いたり、上の顎を押すと痛い場合は、副鼻腔炎が疑われます。

2-5.ウイルス性の歯痛

疲れているときなど免疫力の低下によってウイルス感染を起こし発症します。

帯状疱疹など神経走行部位に水疱が現れるのが特徴です。

3.肩こりと歯痛の深い関係

肩が痛い

歯が痛いとき、主に虫歯が原因であることから、肩こりが原因と考えられないかもしれません。

しかし、肩こりと歯痛には深い関係性があり、同時に生じることもあります。

3-1.首と下の顎は繋がっている

咬筋

構造的な問題として、首は下の顎と繋がっていて、また、首は肩、下の顎は歯とそれぞれ密接に繋がっています。

頭は、5㎏程の重さがあり、首や肩が支えている状態ですので、頭が前傾した姿勢をとり続けると、筋肉に負担がかかり、やがて首や肩が凝るようになります。

頭が前傾してしまう姿勢とは、デスクワーク、パソコン、スマホ操作などが挙げられます。

肩こりになると、首と下の顎は繋がっているため、下の顎が後方へ引かれるようになります。

わずかですが上の歯と下の歯にズレが生じます。

そうすると、噛み合わせに違和感が出たり、歯が浮く感覚、そして歯痛へと変化してしまうのです。

また、逆に歯に原因がある場合(虫歯など)は、歯の痛みが出ない方で噛むようになります。

すると、片側の顎だけに負担がかかるようになり、片側の首や肩が凝りやすくなります。

虫歯によって歯が痛いときは、神経が過敏になっているため、虫歯がある方の首や肩に痛みを感じやすくなることも肩こりになる原因の一つです。

3-2.トリガーポイントが歯に痛みをとばす

トリガーポイント

肩こりと深く関係あるトリガーポイントが歯に痛みをとばすこともあります。

トリガーポイントとは、痛みの引き金の点という意味です。

トリガーポイントは、筋肉や筋膜にできやすい特徴があります。

特に肩こりは筋膜の癒着が原因なので、その癒着部がトリガーポイント化してしまいます。

トリガーポイントを押すと、その部分に痛みが出るだけでなく、押したところとはかけ離れた場所に痛みをとばす性質があります。

そのため、肩や首、側頭部、咀嚼筋(物を噛む筋肉)のトリガーポイントが歯の痛みの原因になるのです。

temporalis muscle

赤で記されているところが痛みを感じている場所で、✖がトリガーポイントです。

筋肉から痛みが歯にとんでいることがわかります。

3-3.普段肩こりを感じていない人は要注意

慢性的に肩こりがある人は、肩こりが原因で歯の痛みが出ることはあまりありません。

普段は肩が凝ったりしないのに急に肩こりを感じるようになった人、肩こり持ちでもいつもより肩こりがひどい人は、歯痛など歯のトラブルが出やすくなります。

4.歯に原因がない歯痛は肩こりを和らげることが一番

ストレッチ

肩こりを和らげることが歯の痛みを減らす一番の近道です。

4-1.肩こりは筋肉の凝りではなく、筋膜の癒着

肩こりは筋肉が凝り固まったイメージがありますが、ゴリゴリした凝りの正体は筋膜同士の癒着です。

マッサージでは、この凝りを揉みほぐしますが、そのときは良くてもすぐ戻ってしまう経験があると思います。

凝りは揉みほぐすより、ゆっくり伸ばす方が筋膜の癒着が剥がれてほぐれやすいのです。

4-2.筋膜って?

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜です。

ボディスーツのように全身に張りめぐらされています。

悪い姿勢を長時間続けていると、体の一部分だけに負担がかかるので、筋膜が自由に伸び縮みできなくなります。

すると、筋膜は筋肉を包んでいるので、筋肉の動きも悪くなり、やがて凝りを感じるようになるのです。

4-3.筋膜の癒着を治すには

筋膜の癒着を治すには、筋膜治療の専門家に治療してもらうか、自分で筋膜を伸ばす方法があります。

ご紹介します。

5.歯痛を治す肩こり解消筋膜ストレッチ

5-1.歯痛肩こり解消ストレッチ①

筋膜リリース

1.タオルで左肩を押さえます。

筋膜リリース

2.顎を引いたまま右側に首を倒します。

この状態を10秒キープします。

3.次にその状態から、頭と首を左側へ回します。

この状態を10秒キープします。

筋膜リリース

4.この状態からさらに、鼻を右側の肩に近づけるように頭と首を回します。

この状態を10秒キープします。

筋膜リリース

このようにタオル側の肩が上がってしまわないように注意。

左右3回繰り返す。

伸びにくい側は時間をかけて行うと良い。

5-2.歯痛肩こり解消ストレッチ②

筋膜リリース

1椅子に座り、左手で右肩を押さえます。

右手は指先を伸ばし、引っ張られるイメージで。

筋膜リリース

2.顎を引いたまま首を左に倒します。

筋膜リリース

顔が左肩に近づくように首を回します。

この状態を20秒キープします。

3.反対側も同じように行います。

左右3回繰り返す。

伸びにくい側は時間をかけて行うと良い。

5-3.歯痛肩こり解消ストレッチ③

筋膜リリース

1.両足を肩幅に開いて立ち、両手を頭の後ろで組みます。

2.膝を軽く曲げながら、両手で頭を倒して首の後ろを30秒伸ばします。

首を前に倒すとき、上体に力を抜き、両腕の重みを上手に使うとより伸びやすい。

5-4.歯痛肩こり解消ストレッチ④

筋膜リリース

1.椅子の後ろに立ち両手をクロスさせて、椅子を持ちます。

軽く前傾姿勢を保ちます。

筋膜リリース

2.お尻を後ろに引いて膝を曲げながら、クロスした両腕の間に頭を入れるように背中から腕の後ろを伸ばします。

30秒ほど伸ばす。

背中を反らさず丸めると背中が伸びやすい。

6.ツボ押しによる歯痛の治し方

6-1.合谷(ごうこく)                           

合谷は歯の痛みによく効くツボとして有名です。

合谷

親指と人差し指の間を手首に向かってたどり、指の骨の分かれ目にあります。

反対側の親指で痛気持ちいい強さで押します。

左右で押したときの痛みを比べて痛い方を、歯の痛みが和らぐまで入念に押しましょう。

6-2.咬筋トリガーポイント

咬筋マッサージ

下の歯が痛いときに効果的です。

咬筋は、グッと食いしばったときに盛り上がる筋肉です。

指でやさしく円を書くようにマッサージすると良いです。

6-3.後頭下筋トリガーポイント

後頭下筋群

肩よりも首が凝る、長時間パソコンをする人にオススメです。

首の後ろの髪の生え際に左右窪みがあります。

この窪みの奥に後頭下筋群があります。

窪みに親指を入れ、内側に向かって圧迫します。

ゆっくり深く圧迫するようにしましょう。

椅子に座って、机に肘をついて圧迫すると、より刺激が後頭下筋群に届きやすいです。

6-4.側頭部トリガーポイント

側頭筋マッサージ

頭痛持ちの人にオススメです。

眉毛の外側と目尻の外側が交わる点(こめかみ辺り)をジワーッと圧迫します。

また、耳の4cm上あたりの側頭部を圧迫するのも効果的です。

7.まとめ

いかがでしたか?

肩こりと歯痛の関係性が理解できたと思います。

歯が痛くなったときは、まず歯医者に行き原因を見つけてもらいましょう。

そして、歯痛の原因がわからなかったときは、肩こりを疑いましょう。

歯痛肩こり解消筋膜ストレッチとツボ押しによる歯痛の治し方を実践していただき、それでも改善しない場合は、筋膜治療の専門家にご相談ください。

あなたの肩こりを解決します!

ひとりで悩んでいませんか?

・この痛みと一生付き合っていかないといけないのか

・この辛さを誰にもわかってもらえない

・治療してもらっているが良くならない

なかいし鍼灸院では、あなたの身体の状態をカウンセリング、動作分析、超音波エコー観察など詳細な検査を行った上で、専門性の高い筋膜・トリガーポイント鍼治療を提供しています。

10年先も20年先も元気に過ごせるように、あなたと一緒に症状改善に取り組む鍼灸院です。