肩こりの「コリ」は筋肉?それとも筋膜?触るとゴリゴリの正体とは?

肩こり

昔から肩こりで困っている。

ひどくなるとマッサージに行くけど、すぐ元に戻ってしまう。

このような経験はありませんか?

肩こりは筋肉のコリです。

そのコリをほぐしても次の日には元に戻るのはなぜでしょうか?      

肩こりのコリを詳しく調べると、筋肉よりも筋膜に問題があることがわかってきました。

この記事では、肩こりの「コリ」は筋膜上に存在すること、触るとゴリゴリするコリの正体を解説しています。

是非、参考にしてみてください。

1.肩こりは筋肉のコリ!?

マッサージ

肩こりの一番の原因は、常に同じ姿勢でいることによって、筋肉が緊張状態になり凝り固まってしまうことです。

筋肉を適度に動かさないと血行が悪くなり、凝りが発生し肩こりを感じるようになります。

実際に肩こりの人の肩を触ってみると、ゴリゴリとした凝りがあるのがわかります。

これが肩こりの筋肉のコリです。

マッサージに行くと、このコリをほぐします。

ほぐしてもらっているときは、気持ちよく楽になった気がしますが、すぐ元に戻ってしまうこともよくありませんか?

その理由は、超音波エコーで観察するとわかります。

僧帽筋エコー

これは、肩こりで一番凝りやすい筋肉のエコー画像です。

白い線が太くなっているのがわかると思います。

この白い線が筋膜といわれるものです。

実際にゴリゴリした凝りを触ると、白い線が太くなっているところを触っていることが確認できました。

筋膜は超音波エコーで白く写るのですが、より白い線が太くなっているところがコリであることがわかりました。

なぜ、白く太くなっているのかというと、この部分で筋膜の癒着が起こっているからです。

一見、ゴリゴリした筋肉を触っているように感じますが、エコーで観察すると筋膜の癒着を触っているのです。

筋肉をほぐしてもすぐ元に戻ってしまうのは、いくら筋肉を柔らかくしても筋膜に問題があるため、ほぐれないからです。

筋肉にアプローチするより、筋膜にアプローチした方が凝りがほぐれやすいということです。

2.肩こりのゴリゴリの正体は筋膜の癒着           

肩こりストレッチ

肩こりのゴリゴリの正体は、筋膜の癒着であることがわかりました。

2-1.筋膜とは?

筋膜という言葉は、最近テレビなどでよく取り上げられるようになってきました。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことで、筋肉の中まで入り込んでいます。

筋膜はボディスーツのように全身に張りめぐらされていて、「第二の骨格」ともいわれる重要なものです。

筋膜は、外からの力を抵抗なく受け止めて形を変えることができます。

例えば、イスに座ったときのお尻の変形や猫背状態、肥満となり脂肪が増えたときなど、その体の状態に合わせて形を変えることができる立派な膜なのです。

また、強く引っ張られたときには、その力に耐えることもできます。

それは、筋膜がコラーゲンとエラスチンでできていて、弾力性に富んでいるからです。

コラーゲンとエラスチンがお互いに協力して、体の緊張をコントロールしているということです。

2-2.もし筋膜に異常が発生したら?

悪い姿勢や繰り返し動作を長く続けると、体の一部分に負担がかかりますよね。

そうなると、筋膜が自由に伸び縮みできなくなってしまいます。

皮膚を手で摘まんでみてください。

しわができると思います。

このしわの状態が、よじれてしまった筋膜にも起こるのです。

筋膜が自由に動けない状態が続くと、包まれている筋肉の動きも悪くなり、コリや痛みが出てきます。

筋膜の異常で厄介なのは、全身の筋肉にまで異常が波及しやすいことです。

筋膜は全身を包むボディスーツですので、全身繋がっています。

一部分に異常が発生すると、他の部分でかばおうとするので、かばった部分も異常が波及します。

例えば、手を捻挫してから肩が凝るようになったなど、肩とは全然関係ない所に原因があることもあり得るのです。

2-3.肩こりは筋肉を揉むより筋膜を伸ばすことが重要!

筋肉を揉んだり、叩いたりすることがダメなのではありません。

その筋肉だけに問題があるならほぐれていきますが、慢性的な症状は筋膜のつながりの中で治療するという考えが必要になってきます。

筋膜同士の癒着が原因であるため、その筋膜の癒着を剥がし伸ばしていくこと大切なのです。

肩こりは揉まずに伸ばせ!」ということです。

2-4.筋膜異常を治すには?

筋膜治療の専門家に治療してもらう方法と自分で治す方法があります。

自分で治すには、筋膜リリースがオススメです。

筋膜リリースは、筋膜のよじれや癒着を解消するために、とても有効な方法です。

3.肩こり解消筋膜リリース

自分でできる肩こり解消筋膜リリースをご紹介します。

3-1.肩こり解消筋膜リリース①

肩筋膜リリース

1.椅子に座り、両手を前面で交差して、反対側の肘をつかみます。

2.その状態から、両肘を前下方に突き出して、背中を10秒伸ばします。

肩筋膜リリース

3.後ろ上方に引いて、前面を10秒伸ばします。

筋膜リリース

4.両肘を前方に真っすぐ突き出して、背中を10秒伸ばします。

筋膜リリース

5.後ろに真っすぐ引いて、前面を10秒伸ばします。

肩筋膜リリース

6.両肘を前上方に突き出して、背中を10秒伸ばします。

肩筋膜リリース

7.後ろ下方に引いて、前面を10秒伸ばします。

1~73セット行う。

背中を丸めすぎたり、腰を反り過ぎたりしないように注意する。

3-2.肩こり解消筋膜リリース②

筋膜リリース

1.タオルで左肩を押さえます。

筋膜リリース                                                      

2.その状態から、顎を引いたまま、首を右側に倒して、10秒伸ばします。

筋膜リリース

3.右耳の位置を右肩より前に出すように、頭と首を左側に回して、10秒伸ばします。

筋膜リリース

4.鼻を右肩に近づけるように、頭と首を右側に回して、10秒伸ばします。

5.反対側も同じように行います。

筋膜リリース

このようにタオル側の肩が上がらないように注意する。

3セット行う。

3-3.肩こり解消筋膜リリース③

筋膜リリース

1.右腕を頭の上に上げ、左腕を腰に回して、肘を90度直角に曲げます。

肩筋膜リリース     

2.両方の肩甲骨を反時計回りに回すように腕を動かします。

肘は曲げたままで、20秒伸ばします。

筋膜リリース

3.右足を左足の前で交差して、左側へ上体を倒し、20秒伸ばします。

肩筋膜リリース

4.その状態から、鼻を左肩に近づけるように回し、20秒伸ばします。

5.反対側も同じように行います。

3セット行う。

慣れてきたら20秒以上伸ばすように。

肩甲骨には、多くの筋肉がついているため、しっかり丁寧に行うこと。

3-4.肩こり解消筋膜リリース④

筋膜リリース

1.椅子に座り、左手で右肩を押さえます。

伸ばした右腕は、斜め下方にしっかり伸ばした状態をキープします。

筋膜リリース

2.顎を引いたまま、首を左側へ倒します。

筋膜リリース

3.鼻が左肩に近づけて、20秒伸ばします。

4.反対側も同じように行います。

3セット行う。

押さえた肩が上がらないように注意する。

4.まとめ

いかがでしたか?

肩こりのゴリゴリの正体は、筋肉のコリではなく、筋膜の癒着であることがわかりました。

その癒着をほぐすためには、揉むよりも伸ばすことが大切です。

いくつかご紹介した肩こり解消筋膜リリースを実践してみてください。

もし、改善されない場合は、筋膜治療の専門家にご相談ください。

あなたの肩こりを解決します!

ひとりで悩んでいませんか?

・この痛みと一生付き合っていかないといけないのか

・この辛さを誰にもわかってもらえない

・治療してもらっているが良くならない

なかいし鍼灸院では、あなたの身体の状態をカウンセリング、動作分析、超音波エコー観察など詳細な検査を行った上で、専門性の高い筋膜・トリガーポイント鍼治療を提供しています。

10年先も20年先も元気に過ごせるように、あなたと一緒に症状改善に取り組む鍼灸院です。