肩こりで耳鳴り?吐き気を伴うことも!治らない耳鳴りの正体とは?

肩こり

病院で検査をしたけど、耳には異常がない。でも耳鳴りがする。

ひどいときは、吐き気がして気分も悪くなる。

ボーと低い音、キーンと高い金属音。トンネルに入った時のような耳がつまった感覚。

この耳鳴りの原因っていったい何?と悩んでいるあなた。

実は、耳に異常がなくても耳鳴りがすることがあります。

その原因の一つが「肩こり」です。

耳鳴りがなかなか治らない人は、肩や首が凝っている方がほとんどです。

肩こりが改善すると、耳鳴りも解消されます。

ここでは、肩こりが耳鳴りの原因になることや解消法について、解説していきます。

是非、参考にしてみてください。

1.肩こりと耳鳴りに伴い出てくる症状

めまい

肩こりと耳鳴りだけでなく、他の症状も一緒に出てしまうことがあります。

簡単にまとめてみました。

1-1.耳鳴りに伴い、めまい、難聴がある

1-1-1.メニエール病

グルグル目が回るような激しいめまいを伴います。

同時に、難聴、吐き気や嘔吐をする特徴があります。

1-1-2.突発性難聴

ある日突然起こり、片耳が聞こえなくなり(難聴)、めまいを併発します。

1-1-3.聴神経腫瘍

聴神経に腫瘍ができ、耳鳴りやめまい、難聴を併発します。

1-2.耳鳴りに伴い、難聴がある

1-2-1.急性中耳炎

子供に多い病気です。

中耳にウイルスや細菌感染が原因です。

1-2-2.耳硬化症

耳の中の骨の動きが悪くなって難聴になる病気です。

1-3.耳鳴りに伴い、頭痛がある

1-3-1.偏頭痛

偏頭痛の特徴として、光の点のようなものが見える閃輝暗点があり、人によっては、耳鳴りも起こることがあります。

1-4.自律神経失調症や更年期障害でも耳鳴りや難聴、めまい、立ちくらみ、頭痛、しびれなどが出ることがある

耳自体に問題がなくても、自律神経やホルモンの問題で、肩こりや耳鳴りに伴い、めまい、難聴などその他の症状が体に現れることがあります。

病院で検査をされていない場合は、上記のような病気の可能性があります。

2.耳に原因がないのに耳鳴りがする!?

病院

耳鳴りがすると、病院(耳鼻科)で検査をします。

これは大切なことです。

もしかすると、命に関わる病気が潜んでいることもあるからです。

しかし、「異常なし」と検査結果が出たらどうでしょう?                            

耳鳴りがするのに、異常がないとはどういうこと?

私の体は、おかしくなっているのでは?

原因がわからないということは、余計不安になってとても辛いことですよね。

結論から言うと、耳しか検査をしないから原因がみつけられないのです。

他の病気も同じです。

腰痛なら腰、五十肩なら肩、頭痛なら頭の中。

症状がある所から原因を探そうとするから、原因が見つからなかったとき、異常なしとなるのです。

病院では、問題がある部分しか診ないということです。

耳鳴りがなかなか治らない人は、耳以外に原因があります。

3.肩こりがひどくて耳鳴りがするパターン

元々、肩こり持ちの人は、肩こりがひどくなると、頭痛や吐き気など肩こり以外の症状が出ます。

そして、肩こりが和らいでくると、頭痛なども落ち着いてくる、また天候や気圧の変化に調子が左右される特徴があります。

それと同じで、肩こりがひどくなると、耳鳴りがすることがあります。

初めての耳鳴りで少し心配な部分はあるかもしれませんが、肩こりを和らげる治療をすると、耳鳴りが解消されます。

肩こりを自覚している方は、治りが早いケースが多いです。

4.肩こりの自覚がなくて耳鳴りがするパターン

逆に、肩こりの自覚がない人は、治りが遅いケースが多いです。

痛みに鈍感な人、我慢強いタイプは、自分の体の異常を敏感に反応することができません。

そのため、耳鳴り出た時点で、「そういえば、肩も凝るようになったな」と感じることがありません。

耳鳴りがひどくなってくると、耳鳴り以外の症状、例えば、めまい、疲れが取れないなどの自律神経失調症になります。

首肩の凝りと自律神経は深く関わっているので、すぐ治療が必要です。

5.肩こりの治療は筋膜にアプローチすると良い

肩こりがひどくなると、マッサージに行くこともあると思います。

リラクゼーション目的ならそれでも良いでしょう。

凝りをほぐしても次の日に元に戻ることもしばしば。

近年の研究で「筋膜が問題」であることがわかりました。                                                                              

筋肉をいくらほぐしてもすぐ元に戻ってしまうのは、筋膜にアプローチできていないからです。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

肩が凝る人は、この筋膜に異常があります。

自分で筋膜を正常に戻す方法をいくつかご紹介します。

6.肩こりによる耳鳴り解消法!筋膜リリースストレッチのやり方

6-1.タオルを使ってストレートネックを治す筋膜リリース

病院でストレートネックと診断された人は、試してみてください。

ストレートネックは、肩や首が凝りやすい状態です。

根本的に肩こりを解消するためには、ストレートネックを改善しましょう。

首筋膜リリース

1.真っすぐ正しい姿勢で椅子に座って、タオルを首の後ろに当て両手で持ちます。

首筋膜リリース

2.首を後ろに倒すと同時に手で持ったタオルを斜め上方へ引っ張ります。

この状態を10秒間キープします。

首筋膜リリース

3.タオルを引っ張る力はそのままで、顎を下へ引きます。

このとき、タオルが後ろに引かれそうになったら、この位置でとめます。

この状態を20秒キープします。

この一連の流れを3回繰り返しましょう。

手でタオルを引く力、角度がポイントです。引く力が強すぎると、最後に顎を引くのが難しいので、自分に合う力加減を調節してみてください。

6-2.タオルを使って首筋膜リリース

首筋膜リリース

1.タオルで左肩を押さえます。

首筋膜リリース

2.顎を引いたまま右側に首を倒します。

この状態を10秒キープします。

首筋膜リリース

3.次にその状態から、頭と首を左側へ回します。

この状態を10秒キープします。

首筋膜リリース

4.この状態からさらに、鼻を右側の肩に近づけるように頭と首を回します。

この状態を10秒キープします。

この一連の流れを左右3回繰り返しましょう。

首筋膜リリース

このようにタオル側の肩が上がってしまわないようにしましょう。

6-3.片腕筋膜リリース

肩筋膜リリース

1.椅子に座り、左手で右肩を押さえます。

右手は指先を伸ばし、引っ張られるイメージで。

肩筋膜リリース

2.顎を引いたまま首を左に倒します。

肩筋膜リリース

3.顔が左肩に近づくように首を回します。

この状態を20秒キープします。

反対側も行い、左右で伸びにくい方向は時間をかけて行うと良いでしょう。

7.肩こりによる耳鳴り解消ストレッチの注意点

7-1.気持ち良いと感じる程度にゆっくり伸ばす

無理矢理しっかり伸ばせば、凝りが早くほぐれるというものではありません。

凝りをほぐすのではなく、筋膜を伸ばすことが目的です。

そのためには、気持ちが良い程度、ほどほどに伸ばすことを心がけてください。

7-2.痛みがあったら我慢しない

人によっては、気持ち良さより痛みが出る場合があります。

痛みが出る場合は、伸ばし過ぎです。

痛みが出る手前でとめてください。

7-3.ゆっくり呼吸をし、とめないように

呼吸をとめた状態では、体が緊張するので、十分な効果が得られません。

呼吸はゆっくりとリラックスした状態で行ってください。

7-4.お風呂上がりに行うと効果大

お風呂上がりなど身体が温まっている状態で行うと、筋肉が柔らかくなりやすく効果的です。

8.まとめ

いかがでしたか?

病院で原因がわからない場合、「肩こり」が耳鳴りの原因となることがわかったと思います。

  • 耳鳴りは、耳に異常がなくても起こる
  • 肩こりは、凝りをほぐすより筋膜にアプローチする

是非、自分でできる肩こりによる耳鳴り解消法!筋膜リリースを試してみてくださいね。

あなたの肩こりを解決します!

ひとりで悩んでいませんか?

・この痛みと一生付き合っていかないといけないのか

・この辛さを誰にもわかってもらえない

・治療してもらっているが良くならない

なかいし鍼灸院では、あなたの身体の状態をカウンセリング、動作分析、超音波エコー観察など詳細な検査を行った上で、専門性の高い筋膜・トリガーポイント鍼治療を提供しています。

10年先も20年先も元気に過ごせるように、あなたと一緒に症状改善に取り組む鍼灸院です。