鍼灸師が教える!肩こりによる目の痛みや疲れ、頭痛を和らげるツボ

眼精疲労
  • 毎日のデスクワークで眼精疲労が辛い。
  • 目の奥が痛くて頭痛や吐き気もする。

このような悩みを抱えていませんか?

パソコンのモニターをずっと見続けていると目が疲れてきます。

辛いときは薬に頼るのもいいですが、毎回飲み続けるのも体に悪いと思いますよね。

そんなとき、自分でケアする方法を知っておくと便利です。

この記事では、仕事の合間にできるように、肩こりによる目の痛みや疲れ、頭痛を和らげるツボ押しを鍼灸師である筆者が教えます。

是非、参考にしてみてください。

1.眼精疲労は首・肩こりからくる

目の痛み

目の痛みや疲れは、首や肩、目を動かす筋肉の凝りが原因です。

1-1.目も筋肉で動いている                                                    

目も筋肉で動いています。

目を動かす筋肉は、外眼筋といい、内直筋、外直筋、上直筋、下直筋、上斜筋、下斜筋の6つあります。

両目合わせると、12の小さな筋肉がバランスをとりながら働いています。

デスクワーク

しかし、パソコンのモニターをずっと見続けていると、目の動きがなくなり、外眼筋が筋肉疲労を起こします。

長時間同じ距離感で目のピントを合わせたままの状態ということになるので、目の機能がフリーズしてしまうのです。

特に、視力が低い人は、余計目が疲れることになります。

目の筋肉も首や肩と同じように凝りが現れ、眼精疲労の元になります。

1-2.首こりが目の神経を圧迫する

後頭部、首の付け根が凝る人は、目の神経を圧迫している可能性も考えられます。

首の付け根には、後頭下筋群という筋肉があります。

後頭下筋群

後頭下筋群は、大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋の4つ筋肉で構成されています。

この後頭下筋群がある場所には、目、頭、耳に繋がる神経が密集しています。

そのため、後頭下筋群が凝り固まると、それらの神経を圧迫することにより、目の疲れやかすみ、頭痛や耳鳴りといった症状が現れやすくなります。

1-3.後頭下筋のこりが眼精疲労の元

後頭下筋群が凝る人は、長時間座っていることが大半です。

悪い姿勢

このように、デスクワークの姿勢は猫背で前傾姿勢、顎が上がっていませんか?

この姿勢を続けていると、頭の重みが後頭下筋群に一気にかかり、ギュッと凝り固まってしまいます。

そしてその状態で、同じものを見続けることで悪化します。

また、後頭下筋群は、目の動きとともに動くので、凝りがひどくなると眼精疲労の元になる筋肉です。

2.目の痛みや疲れと首・肩こりの関係

首こり

ここまでで、筋肉の凝りが大いに関わっていることが理解できたと思います。

では、凝りとはどのようなものなのか、トリガーポイントを例に説明します。

2-1.トリガーポイントとは

トリガーポイント

トリガーポイントとは、「痛みの引き金になる点」という意味です。

銃の引き金を引くと弾が遠くに飛んでいくのと同じように、トリガーポイントが引き金になり遠くの場所に痛みを飛ばします。

その遠くの場所に感じる痛みを「関連痛」といいます。

眼精疲労でいえば、目の痛みの発生場所、つまり「目の痛みの原因」が首・肩の筋肉のコリ(トリガーポイント)であり、目の痛みを感じる場所、つまり「目の周辺」が関連痛であるというわけです。

痛い場所と痛みの原因が一致しないということです。

2-2.目の痛みの元!僧帽筋トリガーポイント

僧帽筋トリガーポイント                                                            

(✖:トリガーポイント :関連痛)

肩こりの代表筋である僧帽筋という筋肉のトリガーポイントが目に痛みを出している図です。

で記してあるところが実際に痛みを感じている場所になります。

こめかみを中心に目の上あたりに疲れが現れます。

まぶたがケイレンするときは、僧帽筋トリガーポイントが関係している可能性が考えらえます。

2-3.目の痛みの元!胸鎖乳突筋トリガーポイント

胸鎖乳突筋トリガーポイント

(✖:トリガーポイント :関連痛)

胸鎖乳突筋は、トリガーポイントの宝庫をいわれているほどで、たくさんのトリガーポイントが存在します。

目の周りをはじめ、耳、おでこ、頭などあらゆる場所に痛みが現れます。

頭痛や耳鳴り、めまいなど症状も様々です。

2-4.目の痛みの元!板状筋トリガーポイント

板状筋トリガーポイント

(✖:トリガーポイント :関連痛)

板状筋トリガーポイントは、頭痛の元になります。

頭痛に伴って目が痛い場合は、この板状筋のトリガーポイントが原因です。

このように、首や肩のトリガーポイントから目に痛みが現れます。

トリガーポイントは、筋肉の凝りなので、首・肩こりを改善することが、眼精疲労解消への近道です。

3.鍼灸師が教える!目の痛みや疲れ、頭痛を和らげるツボ押し

自分でツボを探すことは難しいように思うかもしれませんが、自分で感覚を確かめながら行えば比較的簡単にできます。

ツボ押し4つのポイント

  1. 人それぞれツボが違うので、感覚を確かめながら行う。
  2. ツボを押したときズーンと響くような場所を探すこと。
  3. 効いている感覚があればそこを念入りに圧迫する。
  4. 痛い!不快な感覚なら体に合わないのですぐやめる。(痛いけど気持ちいい!ずっと押しておきたい!このような感覚なら続けると効果的

3-1.ツボ①後頭下筋群

後頭下筋群

髪の生え際、首の付け根の両サイドに窪みがあり、この奥に後頭下筋群があります。

片方ずつマッサージします。

まず、この窪みに親指を入れます。(右の窪みなら右親指を入れる)

親指の腹を後頭部の骨に向かって10秒圧迫します。

効きが悪い場合は、肘を机について圧迫すると、より刺激が奥に届きます。

窪みに親指を入れるとき、親指の腹は頭の方に向けるのがコツ。

ツボがわかりにくい場合は、親指の角度や圧をかける方向を少し変えてみる。

数㎜変えるだけでも刺激の入り方が変わってくるので、微妙に角度を変えながら、効くポイントを探す。

3-2.ツボ②側頭筋

側頭筋マッサージ

頭痛や目が疲れると自然とここに手がいくのではありませんか?

眉毛の外側と目の外側を一直線に引くと交わる場所がツボになります。

こめかみ辺りに位置し、グッと物を噛むと少し筋肉が盛り上がる場所です。

親指で押しても、画像のように2本の指で押してもどちらでもいいです。

やりやすい方で10秒圧迫しましょう。

眼精疲労だけでなく、こめかみ、側頭部の頭痛にも効果的。

3-3.ツボ③胸鎖乳突筋

胸鎖乳突筋マッサージ

首の真横に比較的大きな筋肉があります。

鎖骨の内側から耳の後ろの骨についている胸鎖乳突筋です。

胸鎖乳突筋はトリガーポイントの宝庫です。

より響きやすいポイントを見つけてみましょう。

まず、鎖骨の内側の上から耳の後ろに向かって筋肉を摘まんでいきます。

その中で、一番響くポイントを探し、10秒圧迫します。

胸鎖乳突筋の中央から耳付近が響きやすい。

うまくポイントを掴むと、目や耳にズーンと響く。

4.眼精疲労の元!肩こりストレッチ

後頭下筋群が凝ると、表面を覆う僧帽筋が硬くなるので、そこをストレッチしましょう。

4-1.首を前に倒すストレッチ

僧帽筋ストレッチ

1.椅子に座って背筋を伸ばし、両手を頭の後ろで組みます。

僧帽筋ストレッチ

2.両手で頭を押して首を前に倒し、首の後ろを20秒伸ばします。

僧帽筋ストレッチ

このように背中を丸めて猫背にならないように注意。

3セット行う。

少し伸びている感覚で留めること。

4-2.首を横に回すストレッチ

肩甲挙筋ストレッチ

1.左手で右手を持ち固定します。

2.首を左に回し左前に倒して、右首から肩ラインを20秒伸ばします。

3.反対側も同じように伸ばします。

3セット行う。

少し伸びている感覚で留めること。

4-3.首を横に倒すストレッチ

僧帽筋ストレッチ

1.右手で左側頭部を押して、左首から肩のラインを20秒伸ばします。

僧帽筋ストレッチ

2.反対側も同じように伸ばします。

3セット行う。

少し伸びている感覚で留めること。

5.まとめ

いかがでしたか?

目の痛みや疲れは、首・肩こりからくることが理解できたと思います。

ツボ押しは、仕事の合間にできるので、是非実践して、少しでも自分でケアしてみてください。

それでも辛い症状が続くようでしたら、ご相談ください。

あなたの肩こりを解決します!

ひとりで悩んでいませんか?

・この痛みと一生付き合っていかないといけないのか

・この辛さを誰にもわかってもらえない

・治療してもらっているが良くならない

なかいし鍼灸院では、あなたの身体の状態をカウンセリング、動作分析、超音波エコー観察など詳細な検査を行った上で、専門性の高い筋膜・トリガーポイント鍼治療を提供しています。

10年先も20年先も元気に過ごせるように、あなたと一緒に症状改善に取り組む鍼灸院です。