喉の異物感はヒステリー球!自律神経を整えるストレッチ

ヒステリー球

喉に異物がつまったような感じがする。

喉のイガイガが治らない。

喉を締め付けられる圧迫感がある。

このような悩みを抱えていませんか?

病院へ行ったけど、原因がわからなかったという声をよく聞きます。

その喉の違和感は、ヒステリー球です。

ストレスや自律神経の乱れが原因としてあげられます。

この記事では、ヒステリー球について、自律神経を整える首・肩こり解消ストレッチをご紹介します。

是非、参考にしてみてください。

1.ヒステリー球の原因と症状

ヒステリー球

1-1.ヒステリー球とは?

ヒステリー球とは、別名、咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)という病気です。

内科や耳鼻咽喉科で検査をしても具体的な原因がわからない場合に付けられる病名です。

過度なストレスにより、自律神経の乱れが大きく関わっているといわれています。

最終的に「自律神経の問題」と片づけられることが多いということです。

1-2.ヒステリー球の症状

病名の通り、喉の異常な感じが現れます。                                                                              

1-2-1.喉の異物感

喉の異物感は、ヒステリー球の中の一番の特徴です。

喉に物がつまった感じ、飲み込みにくいなど、ひどい場合は唾を飲みこむことも難しい症状が現れます。

しかし、食事では問題ないという方が多いのも特徴の一つです。

1-2-2.喉の圧迫感

喉の異物感と同時に圧迫された感覚を感じる人もいます。

そのため、咳や痰、喉の痛みを訴える人も多く、気分不良により吐き気が生じるケースもあります。

1-3.ヒステリー球の原因

ヒステリー球は、体の機能に異常がないと説明したように、精神的な部分に原因があります。

1-3-1.ストレス

仕事や人間関係など過度なストレスがある方が、疲労や不安、体の緊張によりヒステリー球を発症することが多いです。

ヒステリー球に限らず、ストレスを常に感じていると、様々な症状が現れやすくなります。

1-3-2.自律神経の乱れ

ストレスとも深く関わりがあります。

ストレスにさらされると、体の筋肉が緊張し、自律神経が乱れやすくなります。

自律神経とは、交感神経副交感神経の2種類があります。

交感神経は、運動など活動的になっているときに働き、副交感神経は、リラックスしているときに働く神経です。

この2つの神経が環境に応じて、バランスをとりながら生活しています。

緊張時は交感神経が優位に働くため、常に交感神経の活動が活発になっている状態です。

アクセルをふかし続けて、ブレーキが踏めない状態が体の中で起こっているのです。

交感神経が強く働くと、喉付近の筋肉を必要以上に収縮させ、食道の中が締め付けられてしまいます。

その結果、喉の違和感が現れると考えられています。

1-3-3.首こりが自律神経を乱れさせることも

首は脳の一部であり、脳と体を繋ぐ大切な架け橋です。

首の中心部には脊髄が通っていて、脳➡首➡背中➡腰へと全身に広がっています。

これらの神経がスムーズに働くことで、健康に過ごすことができています。

首には、自律神経のセンサーがあるといっても過言ではありません。

先に説明したように、交感神経が強く働くと筋肉がギュッと収縮します。

この状態が続くと、凝りが現れます。

首が凝ると、自律神経に関わるトラブルが発生しやすくなるということです。

2.ヒステリー球の治し方と日常生活での注意点

首こりストレッチ

2-1.何科にいけばいい?

まずは、内科か耳鼻咽喉科へ行きましょう。

喉の違和感が体の内部の病気によって起こっている可能性があるからです。

その確認のためにも、一度診察を受けることが大切です。

2-2.薬を飲む

病院で処方される薬には、ストレスが原因の場合は、精神的な緊張を落ち着かせるための薬や漢方も処方されます。

薬はあくまで対症療法に過ぎません。

主治医と相談の上、服用するようにしましょう。

2-3.東洋医学の鍼治療       

東洋医学では、ヒステリー球のことを「梅核気(ばいかくき)」といいます。

鍼治療は、体の緊張をとり、ストレスを緩和させることで、自律神経機能を回復させることができます。

薬に抵抗がある人は、鍼治療を受けてみることをおすすめします。

2-4.自律神経を整える努力をする

ストレスがかかっていると実感がある方は、精神的な部分にアプローチしましょう。

運動、睡眠などオンとオフをはっきりさせ、規則正しい生活から始めてみてください。

3.首・肩こりを伴ったヒステリー球は改善しやすい

私は、鍼灸師として、ヒステリー球の治療に何度も携わっています。

ヒステリー球を患っている人は、首や肩が異常に凝っています。

特に首・肩こりを自覚している人は、ヒステリー球が改善しやすい印象です。

体の凝りから自律神経が乱れ、ヒステリー球が現れたと想定できますので、首・肩こりを和らげることが早期改善へと繋がります。

下記に首・肩こり解消ストレッチをご紹介していますので、是非、実践してみてください。

4.首・肩こりを和らげ自律神経を整えるストレッチ

4-1.自律神経を整えるストレッチ①

僧帽筋ストレッチ

1.背すじを真っすぐ伸ばして椅子に座り、頭の後ろで両手を組みます。

僧帽筋ストレッチ

2.腕で包み込むようにしながら、両手で頭の後ろを押し、首を前に倒します。

首から背中を30秒伸ばします。

僧帽筋ストレッチ

このように猫背になるのはNG

背すじを伸ばし首だけ前に倒すようにする。

3セット行う。

4-2.自律神経を整えるストレッチ②

僧帽筋ストレッチ

1.どちらか一方の手で、手と反対側の後頭部から耳にかけて手で押し、斜め前に頭を倒します。

首から肩にかけて30秒伸ばします。

僧帽筋ストレッチ

2.反対側も同じように行います。

3セット行う。

4-3.自律神経を整えるストレッチ③

背中ストレッチ

1.足を肩幅に開いて立ちます。

手のひらが上を向くように手を組み、真っすぐ肘を伸ばします。

背すじを真っすぐ30秒伸ばします。

背中ストレッチ

背すじを伸ばし、かかとを浮かせないように注意する。

3セット行う。

4-4.自律神経を整えるストレッチ④

背中ストレッチ

1.足を肩幅に開き、体の前で両手を組みます。

背中ストレッチ

2.組んだ手を前に上げていき、腕と背中を遠ざけます。

肩から背中にかけて30秒伸ばします。

3セット行う。

4-5.自律神経を整えるストレッチ⑤

1.足を肩幅に開き、体の後ろで両手を組みます。

2.組んだ手を後ろに引っ張りながら、腕を持ち上げます。

胸を30秒伸ばします。    

上体が前に傾くまで手を上げ過ぎないように注意する。

3セット行う。

5.まとめ

いかがでしたか?

喉のつかえや異物感は、ヒステリー球という病気であることが理解できたと思います。

具体的な原因は、はっきりわかっていませんが、自律神経の乱れが大きく関わっていることがわかりました。

自律神経を整えるためには、メンタルのコントロールの他に、首肩のストレッチが効果的です。

ご紹介したストレッチを是非、実践してみてください。

もし改善しない場合は、ご相談ください。

あなたの首こりを解決します!

ひとりで悩んでいませんか?

・この痛みと一生付き合っていかないといけないのか

・この辛さを誰にもわかってもらえない

・治療してもらっているが良くならない

なかいし鍼灸院では、あなたの身体の状態をカウンセリング、動作分析、超音波エコー観察など詳細な検査を行った上で、専門性の高い筋膜・トリガーポイント鍼治療を提供しています。

10年先も20年先も元気に過ごせるように、あなたと一緒に症状改善に取り組む鍼灸院です。